2021年09月30日

読書 馳星周著「蒼き山嶺」

2018haseseishu-aokisanrei010.jpg
2018年光文社刊。

数年ぶりに馳星周の作品を読む。

元山岳遭難救助隊員の得丸志郎は、残雪期の白馬岳で
公安刑事・池谷博史と再会した。二人は大学時代、
山岳部で苦楽をともにした同期だった。
急遽、白馬岳山頂までのガイドを頼まれた得丸が麓に
電話を入れると、警察に追われた公安刑事が東京から
逃げてきている、という話を聞かされる。厳しい検問が
敷かれ、逃げるには山を越えるしかないと言われたその時、
池谷が拳銃の銃口を押しつけてきた―。
(紹介文より抜粋)

提灯記事ではなく、正直に感想を書く。
数年ぶりに馳星周の作品を読んでみた
これじゃない感がすごい。
かつての山仲間の妹と会ってしまうというご都合主義。
この広い日本でこの山だけが何も山ではないだろうに。
2016年に雑誌に掲載されていたが、会話が昭和の雰囲気がする。
主人公(40歳位)は山屋だが、離縁したという描写もあり、
童貞でもあるまいし、かつての山仲間の妹を意識して
捕われの身でありながらも赤面してしまう始末。
何故、そこまでして山に登るのかは私には判らない。
山オタには本オタの気持ちは判らないのと同様。
17歳の頃はなんでか山に興味を持ったが、今ではその欠片すらもない。
いつもの馳星周の小説と違い、アラが目立つ。
最近は馳星周の小説から離れていたせいもあるのだろうか。
自分を殺しにきた北朝鮮の工作員の命を救うシーンがが複数あり、
救助しても相手はどうせ自分を殺すだろうと思っていたが、
その通りだった。今までの馳星周に出てくる登場人物とはかなり違い、
非情ではなく、限りなく甘いので面を食らった。
字数稼ぎかはわからないが、大学時代の回想シーンが
無駄に多く、ダレてしまう。無理に回想シーンを入れずともいいとは
思うがかつての山仲間が実は日本人ではなく、北朝鮮人であり、
日本人になりすましていたというのは現実味がなく意表を突いた。
このような山での逃避行はかつての西村寿行やあるいは大藪春彦でも
見られたが、どちらかと言えば、西村寿行風味。
ありきたりの内容になってしまい、馳星周ならでは、馳星周でしか
読めない内容の小説ではないように感じた。
馳星周は好きな作家ではあるが、その中でもお奨めはできない部類の小説。
馳星周の作品の中では合う合わない、好き、そこまで好きじゃないとかが
あるが、その中では合わない、好きじゃない方の部類。
馳星周の「生誕祭」や「復活祭」のようには分厚くはないのでサクサク
読めてしまい、読み応えはない。ただ映画化向きではあるとは思った。
物語の最後がページ数から予想が出来て、やはり投げっぱなしで
もやもや感、消化不良感しかない。
男を背負ったままの最後は映画「あゝ野麦峠」を思い出した。
映画「あゝ野麦峠」の舞台も長野だ。
posted by zola at 21:10| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

映画 「乙女たちの秘めごと」

2017Lesemeur010.jpg
2017年フランス・ベルギー制作。99分。
(原題 Le semeur)

ナポレオン政権下のフランスを舞台に、
女だけが暮らす村に1人の男が迷い込んだ
ことから起こる愛憎を、絵画のように美しい
映像でつづったドラマ。
1850年代、フランスの田舎の村。
男たちはレジスタンス活動の末に投獄され、
村には女だけが残されてしまう。
平穏な日常生活を続ける女たちだったが、
このままでは村に未来はない。
女たちは子孫を残すため、もし村に
男がやって来たら皆で共有しようと
秘密の約束を交わす。
そしてある日、ひとりの若い男が村を訪れる。
出演は「ある過去の行方」のポリーヌ・ビュルレ、
「マイ・エンジェル」のアルバン・ルノワール、
「17歳」のジェラルディン・ペラス。
(映画紹介文より抜粋)

本映画を何とはなしに見ていたら、
どこかで見たような女優がいて、名前を検索したら、
やはり映画「メゾン ある娼館の記憶」に
出ていたIliana Zabethだと判った。
本映画の感想は印象に残らない作品になってしまっている。
男不足の村に一人の男が現れ、若い娘でその男を共有する的な
物語ではあるが、ほとんどの男が夢見るハーレム的なこともなく、
特にエロチックなシーンがあるわけでもなく、
大きな展開もなく映画が終わる。

LE SEMEUR - BANDE ANNONCE OFFICIELLE
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/4aQsA6sYroY

「乙女たちの秘めごと」予告
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/H76niT3P1WU
posted by zola at 22:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 「メゾン ある娼館の記憶」

2011Apollonide010.jpg
2011年フランス制作。125分。
(原題:L'Apollonide: Souvenirs de la maison close)

20世紀初頭パリの娼館で生きる女性たち姿を
華麗な映像美で描き、2011年・第64回カンヌ
国際映画祭コンペティション部門にも出品されたドラマ。
20世紀初頭の華やぐパリ。ひときわきらびやかに
輝く高級娼館「アポロニド」の裏側には、
女たちの人知れない孤独や苦悩が渦巻いていた。
娼館一の美人だったマドレーヌは男にだまされて顔に
傷を負い、常連客に本気でほれ込んだジュリーは
いつか外に連れ出されることを夢見ている。
しかし、娼館と女たちを取り巻く状況は次第に変化していき、
アポロニドは閉館を余儀なくされてしまう。
(映画紹介文より抜粋)

Iliana Zabethという女優をこの映画で初めて知った。
決して有名女優というわけでもないようだが、
この手の顔つきはとても好み。
映画紹介文にあるように20世紀初頭パリの娼館の
日常生活を描いた群集劇ではあるが、
起承転結がしっかりあるとかメリハリがある映画ではない
ので、こんな世界があったのだなと理解出来ただけで
良いだろう。日本にもこのような業界の世界を描いた
日本映画作品があるが、高評価作品は知らない。
そもそもこのような映画はアクション映画でもないし、
怪物を退治するとかどこかに逃げるとかの映画でもないので
本映画にあるようにダラダラとしてしまう。
同じ娼館を描いた2002年のフランス映画「歓楽通り
(RUE DES PLAISIRS)」のが映画としては良く出来ている。

『メゾン ある娼館の記憶』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/ZIpCC6_zCRQ

Apollonide - Souvenirs
de la maison close - trailer
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/MrO_W34lbXk
posted by zola at 22:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」

2019DerGoldeneHandschuh010.jpg
2019年ドイツ・フランス制作。110分。
(原題 Der Goldene Handschuh)

「ソウル・キッチン」「女は二度決断する」の
ファティ・アキン監督が、1970年代のドイツ・
ハンブルクに実在した5年間で4人の娼婦を
殺害した連続殺人犯の日常を淡々と描いた
サスペンスホラー。第2次世界大戦前に生まれ、
敗戦後のドイツで幼少期を過ごしたフリッツ・ホンカ。
彼はハンブルクにある安アパートの屋根裏部屋に暮らし、
夜になると寂しい男と女が集まるバー
「ゴールデン・グローブ」に足繁く通い、
カウンターで酒をあおっていた。フリッツが
カウンターに座る女に声をかけても、鼻が曲がり、
歯がボロボロな容姿のフリッツを相手にする女は
いなかった。フリッツは誰の目から見ても無害そうに
見える男だった。そんなフリッツだったが、
彼が店で出会った娼婦を次々と家に招き入れ、
「ある行為」に及んでいたことに、
常連客の誰ひとりも気づいておらず……。
2019年・第69回ベルリン国際映画祭
コンペティション部門出品作品。
(映画紹介文より抜粋)

この映画をリアリティがあり、特に殺人鬼フリッツの
言動も部屋までもがどこまでも汚らしい。

DER GOLDENE HANDSCHUH -
Trailer #1 Deutsch HD German (2019)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/DVKDSkOwPEI

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/oAMFb8fSYlw

「こんばんは、マダム」
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/DWwgZKhWB0U

殺人鬼フリッツを演じるのはドイツのイケメン俳優の
Jonas Dasslerだが、見事に殺人鬼フリッツになりきっている。
日本のイケメン俳優なら、こんな役は受けまい。
映画紹介文には、彼が店で出会った娼婦とあるが、
彼が店で出会う女たちは彼の母親と年齢がさほど変わらないように
思える。

https://www.efp-online.com/en/shootingstars/26974/1/Jonas-Dassler

https://die-agenten.de/profile/jonas-dassler/

DER GOLDENE HANDSCHUH - Dreharbeiten
Featurette Deutsch HD German (2019)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/Su-8OoahxtE
posted by zola at 22:09| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もしも「バッド・ガイ」をトランプが歌ったら・・・。

2019Donald Trump Cover010.jpg
ビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ」の
Donald Trump Coverを以前、YOUTUBEで見たことがあり、
よく出来ているなと感心した。
YOUTUBEで検索すれば、いろんなバージョンを
見ることが出来る。

Billie Eilish - bad guy (Donald Trump Cover)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/o61BiBCXMCI

ビリー・アイリッシュ「バッド・ガイ」
|チキンさん【鳴いてみた】びっくりチキンカバー
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/IncQIx_m_FM

Billie Eilish - Bad Guy を日本語にしたら歌詞がカオスだった件
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/rRE9py6HmOM

Billie Eilish - Bad Guy (Deathcore Cover)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/oLfZkZ20rkQ

Billie Eilish - bad guy - Beatbox Cover
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/kcKlUD0UX5o

また政治家や有名人などの発言をサンプリングした音楽なども
YOUTUBEで見ることが出来る。

[ムネオハウス] THE MUNEO HOUSE PV - MUNEO HOUSE
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/ZKy-lTRvXhU

2018卍豊田真由子 ft. 騒音おばさん
マユーロビート2nd (引越MIDNIGHIT・野々村 Edition) 桜 MIX
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/-L4fW0mYNjM

みのもんたラップ
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/EYV9xTCerjY
posted by zola at 21:52| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爺なら『プレイグ テイル -イノセンス-』をプレイするよな。

2019APlagueTale Innocence010.jpg
Epic Gamesで中世フランスを舞台にしたステルスゲーム
「プレイグ テイル -イノセンス-
(A Plague Tale: Innocence)」が以前無料配布されたので
プレイしてみた。時代設定は1349年でジャンヌダルクと
同じくらいの時代設定。

The Messenger: The Story of Joan of Arc (1999)
Official Trailer 1 - Milla Jovovich Movie
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/aCbMOQIs45s

『プレイグ テイル -イノセンス-』ストーリートレーラー
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/PkFwiNnh8rU

A Plague Tale: Innocence -Story Trailer (French Audio)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/CMO1Y4IOK0I

Making of - A Plague Tale: Innocence [Behind the Scenes]
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/aniRVWQ0WgM

PCでの操作だが、操作性は良いとは絶対言えない。
特にユーゴ能力のネズミを操る能力を使う時は
とても操作がしづらい。難易度設定はなく固定。
ゲーム難易度は個人差があるとは思うが、
誰でも簡単に出来るとは絶対には言えない。
ゲーム難易度は高いほうには入るだろう。
敵から逃げる途中でアイテムがある時があるが、
そんな時にアイテムは拾えない。そこでアイテムを
拾えば、敵にやられゲームオーバーになる。
そんなことがプレイ中に理不尽さを感じた。

日本でのゲーマーは世界のゲーマーと違い、
PCでプレイするゲーマーが少数派なためにゲーム操作や
攻略サイトや攻略動画を見ても、PCでの操作前提ではないので
(操作に関しては)参考にはならない。
グラフィックは良くかなり作り込まれている。
中世フランスの世界観、雰囲気がよく出ている。
こんな時代だったのだなと感じられれば良いだろう。
posted by zola at 20:32| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爺なら『バトルフィールドV』をプレイするよな。

2018BattlefieldV010.jpg
ww2を舞台にしている『バトルフィールドV』が
スチームで週末限定で無料プレイだったので
プレイをしてみた。
オンラインはせずキャンペーンモードのみ。
ゲームの操作性も悪くはないし、グラフィックも良く、
良く出来たゲームだと思う。
私は勿論やってないが、DLCでは日本軍も登場し
日本兵のキャラクターも操作出来るようだ。
ヤマシロミサキなる日本女性が登場するが、
顔は日本人というよりも中国人や韓国人っぽい
感じがしてならない。

『Battlefield V』 BFV Official Launch Trailer
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/iFNZAVhKAqc

『Battlefield V』 公式シングルプレイヤートレーラー
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/umhzHpGT8rs

「Battlefield V」 - エリート - ヤマシロ・ミサキ
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/LNIYhgnWFqY

このゲームにはドイツ軍へのレジスタンスの少女が登場するし、
ドイツ戦車に乗る少年兵も出てくる。
ドイツ少年兵は処刑される。

BATTLEFIELD 5 - Nordlys - All Cutscenes
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/vPf-L-sQouM

第二次世界大戦 末期:滅びゆくドイツ、
ティーガーIで
奮戦する戦車長の回想【最後の虎 前編】
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/y1RucMzbN6k

第二次大戦末期、ドイツ・ケルンで
戦い抜いた男たちの運命
【最後の虎 後編】
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/y81h_A9LFpE

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜(Der Untergang)」
でも少年兵がでてくる。

12 Year Old Recives Iron Cross
During the Battle of Berlin
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/oThJTLpZWlA
posted by zola at 20:17| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爺なら『バトルフィールド1』をプレイするよな。

2016Battlefield1010.jpg
ww1を舞台にしている『バトルフィールド1』が
スチームで週末限定で無料プレイだったのでプレイ。
キャンペーンモードだけのプレイだが
週末だけでは終わらず、価格も格安だったので購入し、
最後までプレイし無事クリア。
オンラインも少しプレイしてみた。
ゲームの操作性も悪くはないし、グラフィックも良く、
良く出来たゲームだと思う。
ww2を舞台にしたゲームは多いが、ww1を舞台にしたゲームは
多くないので貴重。

『バトルフィールド 1』
公式シングルプレイヤートレーラー
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/xkxhofexam0

『バトルフィールド 1』 
ゲームプレイトレーラー
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/IaSU7GudjWk

バトルフィールド 1:正式発表トレーラー
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/zXg1kXtwKT8
posted by zola at 19:53| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「カブール陥落 アフガンから脱出しようとする人々」

20210818EscapefromAfghanistan010.jpg
最近こんなニュースを見た。
まるで1975年のサイゴン陥落のようだ。

Watch: 600 Afghans force themselves onto US military
plane via half-open ramp. Photo goes viral
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/TBt5y5xDsiI

Afghan stowaway 'trapped in landing gear'
of US plane after jumping on wheels to flee Taliban
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/SrsIiciMHis

The fall of Saigon
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/og6bi3cgf5g

もしAが敗者になった場合は、Aに加担した協力者は処刑される。
過去ww2のドイツ占領地区でドイツ敗戦後、ドイツの協力者は処刑された。
ガブリエル・シャネルは報復を恐れ、スイスへ逃亡した。

French Women Accused of Collaborating with
Germans Punished | War Archives
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/xd-MGY2Fyt8

La tondue de Chartres - extrait 1
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/g0Y_vr_GlT4

Executions de soldats et d'espions allemands
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/LXu-0rylDvE

Collaborateurs onder schot: de bevrijding
in Amsterdam (1945)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/K0bk7HQMqMQ

3 Epuration sauvage legale
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/n9JCkI72kas

French Nazi Collaborators Are Tried &
Executed | War Archives
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/jEvyEM0JdSc

Nazi Collaborators Ep2
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/qVNhg4VleVI

今回のカブール陥落もアメリカに協力した者は今後処刑されるのは明白。
そのために、多くの協力者が逃亡しようと空港に殺到した。
文字通りに命をかけて。
posted by zola at 19:34| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

絵画 『Jules Joseph Lefebvre「Jeanne la Rousse」』

JulesJosephLefebvreJeannelaRousse010.jpg
フランスの画家 Jules Joseph Lefebvre(1836-1911)

Jeanne la Rousse
posted by zola at 23:53| Comment(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする