2007年06月23日

フランス映画65『ジェルミナルGerminal』

affiche_germinal.jpg

今回は19世紀末のフランスの炭鉱町に住む人々を
描いた映画、『ジェルミナルGerminal』を紹介する。
原作はエミール・ゾラ。1993年フランス製作。
1994年セザール賞撮影賞・衣装賞受賞。
160分と長い映画であったが、
私は興味を持って見たので短いとは感じ無かった。
19世紀末の貧しい炭鉱町が見事に再現されている。
まだ若い娘が乳丸出しで、炭鉱で働くシーンが有ったり、
(昔の日本でも、まだ若い娘がその様にして、炭鉱で働いていた)
食べ物に困り、物乞いをするシーンなどが有り、
実にリアルに描かれている。
まだフランスの労働者が権利を持つ事は無かった時代の話である。
今のフランスとは隔世の感がある。
posted by zola at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

錦絵新聞 芳幾画 『東京日々新聞九百三十三号』(1875)

toukyounichinichi933.JPG

今回は、芳幾画 『東京日々新聞九百三十三号』を紹介。
これは、錦絵新聞の先駆けと言われ、
『東京日々新聞』(毎日新聞の前身)の記事を元に作られたもの。
九百三十三号(明治八年二月十四日)とは、元の新聞の号数である。
記事の概要は、粗暴により離縁された、喜三郎が
前妻のおしん宅に忍び込み、おしんの口に短刀を突き立て、
殺害した事件である。
記事は短刀となっているが、視覚効果を狙い、
わざわざ大刀に変えたのだろうと言われている。
今回紹介したのは、錦絵新聞の傑作として、大変名高い。
posted by zola at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

読書 『古書修復の愉しみ 』217冊目

456004787.JPG

当代一の書籍修復家に弟子入りした女性が、
書籍修復家として成長する過程を自伝的につづった回想録。
書籍修復という手仕事の技を学ぶ愉しみを実に詳しく、
いきいきと描き出している。
(本書紹介文より抜粋)

今回は、アニー・トレメル ウィルコックス著
市川 恵里訳『古書修復の愉しみ 』を紹介する。
白水社より2004年に刊行。
紹介文に有る様に、古書修復家に弟子入りした人物が
様々な古書を修復をしていく過程を綴った本である。
古書修復について書かれた本は少ないので、
貴重と言えば貴重な記録かも知れない。

古書修復の愉しみ古書修復の愉しみ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 古書修復の愉しみ
[著者] アニー・トレメル ウィルコックス
[種類] 単行本
[発売日] 2004-09
[出版社] 白水社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

フランス映画64『発禁本 無修正版』

sadehaakinban030.JPG
今回は、サド侯爵を描いた映画
『発禁本 無修正版』を紹介。
100分。2000年フランス製作。
1794年のフランス・パリ郊外の瀟洒な館には、
反社会的と新政府から烙印を押された人々が集められている。
サド侯爵もそこに収監され、そこで伯爵の娘と知り合い、
その娘に、性の手ほどきを行うといったストーリーである。
まあ、陳腐と言えば、陳腐かも知れないが、
18世紀のサドを主人公にした映画は皆無なので、
映像化されただけでも良しとしよう。
サドに鞭打ちを行うシーンが出てくるが、
実際にサドにははそんな性癖が有ったとは思われない。
(それでは、マゾになってしまう)
実際のサドは特記する程異常性欲の人物とは思われない。
ただ、神の否定、絶対権力の教会への不信を露骨に
表現した小説を書いた為に、不当に扱われたに過ぎないと私は断言する。

2010年4月9日追記。
以前から追加したいと思っていた
本映画のトレーラーのリンクをここに追記する。
何かすごい無修正のエロと思って、
どうも間違って検索して来てしまう人が多いが、
それは勘違いで、真面目な作品である。
サド文学やフランスの歴史に興味が無い方は
退屈するかも知れない。
日本の映画のタイトルを見て、いつも思うことだが、
タイトルのつけ方は稚拙過ぎる。
(とてもプロとは思えない。レベルの低さに驚く)
世界に通用するクリエイターが皆無なのも充分納得出来る。
それほど悪い映画ではないのだが、タイトルで損している。
ミエミエのタイトルで、サド文学やサド哲学とは関係ない、
無知蒙昧の輩を引き込もうとして、
下劣な拝金主義の嫌らしさを露呈している。
(売らんが主義には吐き気がする)
この世の中はサドの時代から、何も変っていない。
それどころか、フランス革命がおきた、当時のフランスよりも
この世の中は、あの時代よりも政治も倫理も腐敗し、
正に悪徳の栄え、そのものである。

Sade - Bande annonce FR
http://www.dailymotion.com/video/xa3l0y_sade-bande-annonce-fr_shortfilms
(記事投稿時なら視聴可能)

発禁本 無修正版発禁本 無修正版
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 発禁本 無修正版
[出演]
[レーベル] ジェネオン エンタテインメント
[監督] ブノワ・ジャコ
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする