2008年09月27日

懐かしいTV 『知られざる世界』

sirarezarusekai001.JPG

今回は、傑作ドキュメンタリー番組
『知られざる世界』を紹介。
1975年4月6日〜1986年12月28日まで
毎週日曜日(22:00〜22:30)に放送された。
懐かしい番組である。
番組が始まる時の冒頭の音楽がたまらない。
この番組の後、「花の係長」(園山俊二)を見るのが、
私の小学生時代の深夜の定番であった。
この『知られざる世界』は科学の世界を教えてくれた。
何故?どうしてという疑問を氷が溶ける様に
見事に解決してくれた。
今の世の中、どうしてこういう番組がないのか。
理系離れと嘆く前、こういう番組を放送した方が
くだらんクイズ等を流すよりも余程有益だと思う。
私は文学が好きだが、科学、理系は国力であり、
我が国の要でさえあると思う。
TV局も低視聴率で悩んでいるらしいが、
この番組を再放送した方がよっぽど視聴率を取れるだろう。
こういう硬派な良質な番組を待望する人は結構多いと思う。
今となっては、こういう番組はNHKの独壇場である。
posted by zola at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしいTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

『人形・蔵書票作家 中嶋清八U』

chou-onna2nin001.JPG

先日、人形作家・蔵書票作家の
中嶋清八さんのwebサイトを見ていたら、
とても素晴らしい蔵書票が載っていました。
今回の蔵書票は、中嶋清八さんの自票で、
また実験段階であるので、売り物ではない
という事ですが、譲って頂きました。
前回の蔵書票も素晴らしくて、気に入りましたが、
今度見た蔵書票も大変気に入りました。
試作だそうですが、非常に丁寧さが感じられる作品です。
中嶋さんの作品への愛情がひしひしと感じられます。
この蝶と花と女二人の蔵書票は、図柄が最高です。
女の表情がとても良い。
一人は目をつぶり、一人は目を開けている。
女二人の髪のばらつき加減が何とも言えない。
またアクセントの花と蝶も良い味を出していると思います。
言葉で表現するのは難しいですが、
何というか、自分と感性の波長がとても合います。
なかなか波長が合う作家、作品と出会うには難しい。
この世の中では、星の数ほどの芸術家の作品が存在しますが、
自分の琴線に触れる程の作品に出会うのは僥倖であって
容易いことでない。

中嶋清八さんのブログ
(彼の素晴らしい作品群を見る事が出来ます)
http://53435481.at.webry.info/

書物愛 蔵書票の世界 (平凡社新書)書物愛 蔵書票の世界 (平凡社新書)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 書物愛 蔵書票の世界 (平凡社新書)
[著者] 日本書票協会
[種類] 新書
[発売日] 2002-01
[出版社] 平凡社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 『プライベート・ライアン』(1998)

savingprivat001.jpg

今回は、映画 『プライベート・ライアン』を紹介。
170分。制作国アメリカ。
長い映画だが、全く退屈しない。
迫力満点のノルマンディー上陸作戦の
冒頭のシーン(約20分)がいつまでも印象に残る。
実際とは違うようだが、あれほどのドイツ軍の反撃が
あれば、戦死者は当然大量に出るだろう。
上陸される側のドイツ軍だって、敵に上陸されるならば、
殺されるだから、必死である。(運が良ければ捕虜)
最後のシーンの20mm対空機関砲の直接射撃の威力の描写は凄い。
また、市街戦でのナイフでの格闘シーンでは、
ナイフが胸に刺さっていく嫌なシーンは印象に残る。
これが戦争なんだ!ということを我々に示した映画である。

プライベート・ライアン アドバンスト・コレクターズ・エディションプライベート・ライアン アドバンスト・コレクターズ・エディション
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] プライベート・ライアン アドバンスト・コレクターズ・エディション
[出演]
[レーベル] パラマウント ホーム エンタ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

死海文書完全版(サイン入・箱・帯付)の初版を探してます

友達と旅行に行った時の事だ。
俺らは、東北の福島のKという街を彷徨していた。
その友人がポツリとこう言った。
「東北の女は乳がデカイ!」
それを聞いて、見渡してみれば・・・。
うーん・・・すれ違う妙齢の娘さんからおばちゃんまで、
「なるほど!デカイ」(ゆっさゆっさ・・・いい日本語だな。
外国では、ゆっさゆっさに相当する言葉はあるのだろうか?)
その法則に当てはまらない事例があったが、
それは若干の誤差程度で問題にはならない。
(季節は夏であったから、乳の大きさが丸判りなのだ)
これは偉大な発見であった。
(俺的にはアルキメデスの原理よりも偉大な発見である)
彼はいろんな発見をする。
まあ、司法試験には出ないような、役に立たない知識であるが、
俺のツボに妙にハマル。
「東北の女は乳がデカイ!」
これぞ名言である。

また、ある日、彼はこう言った。
「漢字表記の風俗はハズレが多い・・・」
彼は風俗によく行っているらしいが、
そんな場所に出入りしている時、小耳に挟んだらしい。
(例えば、将軍だの御殿だの漢字列記の店名の店を指す)
これも名言である。(どこぞのおっちゃんから聞いたらしい)

私の名言というか、法則をちょっと列記。
ヤフーオークション等では、50年前の書物だから・・・とか
100年の書物だから・・・とか〜前の書物にしては、
保存状態は良好だの言い訳だらけの免罪符を
言っている輩がいるが、100〜200〜300〜400〜500年を
経過してようが確実に極美本は存在する。
「免罪符、御託を並べる奴の商品に良いものを少ないように思える」
(その証拠に売れない回転すし屋のように、同じネタが”何年も”回っている。
生物なら完全に腐っているところだ)
また、すぐ調べれば判るはずの「作家や画家の来歴を
わざわざ記している輩の商品の良品無し」と思う。
そんなもの、本物のコレクターなら自分の事の様に諳んじているはず。

また、「当方何もわかりません」だの「素人」だのと(聞いてもいないのに)
きっちり書いている割には値段が妙に強気なんだな、これが・・・。
何も判らない素人だの、自分で言う割には、「いくらでも良いです」とか
「500円とか300円」とか決して言わない。
素人と言うからには、「タダ同然とか幾らでもいいです」みたいな
値段をつけるなら、筋が通っていて、矛盾が無い筈だが、
何故か、何も知らん素人が一人前どころか、
あくどい価格をつけているのをよく見かける。
そういう嫌らしい輩も良い物を持っていた試しがない。
これも法則だな。

ヤフーオークションだのアマゾン・マーケットプレイスというものが跋扈し、
坊主の念仏の様に、「初版」「初版」と妙に連呼する輩が激増した。
(いつの時代だよ。今頃かよ・・・)
ヤフーオークションだのアマゾン・マーケットプレイス等という場所を
ウロウロしている程度の輩が探している古本(否古書)に
原則として、「初版」等は関係無い。
また所詮酸性紙で印刷された本なので、何年ももたない。
集めても朽ちていくだけで意味無し。
また昔で言えば、仮面ライダーカード収集の如くに、
或いは、昔の切手ブームのように
その興味は何十年も持続しないだろう。
(白髪の生えた年までラノベや漫画を読むとは思えない)
人はいつか卒業するものだし、興味嗜好も変わっていくものだ。
いつまでも人はミニスカートや半ズボンをはいていられるわけではない。
我々は年をとるのだ。少年〜青年〜壮年〜老年と・・・。
死ぬまで、その興味を保っていられる筈も無い。
時は全てを風化させてしまう。

このような間違った初版信仰は1970年代の起こった、
三島由紀夫の初版本ブームが原因になっていると思う。
昨今では、ラノベと言われるもの(まあ挿絵本だな)だのマンガまでもが、
初版、初版と連呼される。これは滑稽である。
人により価値観は異なるが、私の独断で断言するならば、
そこいらの古本(否古書)にそれほどの価値はない。
それらの単なる古本は、結局は工業製品、大量生産品でしかない。
(一般人が見る機会さえない本、存在すら知りえない本ならば、まだしも・・・)
もし価値があるとしても、価値が生じるまで何百年、何千年単位の
時間がかかるだろうし、まあ、酸性紙の(消耗品の)本はそこまでもたないだろう。
滑稽な事に、戦前の好色本(限定本)までも初版とわざわざ明記する
古書店まで存在することだ。(これは煩い客の需要に応じたのか、それとも・・・)
限定本は一度しか刷らないので、初版以外は存在しない。明記する必要は無し。
そんなどうでもいい事は明記せずに、
本の状態を詳細に明記して貰った方が何倍もいいのだが。

死海文書の封印を解く―二千年の眠りから覚めたユダヤ・キリスト教の驚くべき真実 (KAWADE夢新書)死海文書の封印を解く―二千年の眠りから覚めたユダヤ・キリスト教の驚くべき真実 (KAWADE夢新書)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 死海文書の封印を解く―二千年の眠りから覚めたユダヤ・キリスト教の驚くべき真実 (KAWADE夢新書)
[著者] ベン・K. ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

エロチカ 『世界艶情小説集』(1931 山東社)

sekaienjoushousetu01.JPG

今回紹介するのは、
梅原北明・小生夢坊共訳『世界艶情小説集』である。
この本は「世界性愛談奇全集」の第五巻目として、
昭和6年5月に山東社より刊行された。
ラマ僧衣麻布装であり、凝った装丁になっている。
題字がアールデコ調であり、正に時代の写し鏡的な装丁。

流線型の女神―アールデコ挿絵本の世界流線型の女神―アールデコ挿絵本の世界
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 流線型の女神―アールデコ挿絵本の世界
[著者] 荒俣 宏
[種類] 単行本
[発売日] 1998-05
[出版社] 牛若丸

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エロチカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする