2010年05月30日

もう年だから、朝は軽くさらさらっと・・・。『セブンイレブンのクリームパン』

kuriimu53001.JPG
ありがちな奴っているよな。
よく言われるのは、もう年だから、オヤジだからとか、
朝は軽くさらさらっと、お茶漬けとか・・・。
いつの時代だYO
昭和かYO
江戸時代かYO
安土桃山かYO
どこのオヤジだYO
どこの爺だYO
何の罰ゲームだYO
あの伝説の番組 THE GAMAN かYO
年とかオヤジとか、そんなの免罪符にはならん!
漢(オトコ)なら黙って、『セブンイレブンのクリームパン』
これ一択だろ!
やっぱ情強のオヤジなら朝飯は『セブンイレブンのクリームパン』だよな。
ずっとガマンしていたんだが、
あの伝説の番組THE GAMAN並に、
あの小林綾子のおしん並に、ガマンしていたんだが、
「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び・・・」並にガマンしていたんだが、
また、ついに買ってきちまったYO
つーか、きっとセブンイレブンの店員に、俺は渾名つけられているわ。
クリームパンって・・・。
昔、ハムの人とかいうCMあったよな。
あれと同様に、「またクリームパン来た」とか
「またクリームパンオヤジ来た」とか
「クリーム・パン太郎が来た」とか
「また世界一クリームパンが大好きなオヤジ来た」とか
店員に思われまくりだわ。
まあ、いいんだ、クリームパンを食えるんだからYO
この記事を投稿したら、早速食べるわ。
あのイギリス人がこの『セブンイレブンのクリームパン』を
食べたら美味過ぎて号泣して、気絶しそう。
「フィッシュ&チップス」なんて、さっさと捨ててしまって、
クリームパンの店を始めそうだな。
posted by zola at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

やっぱフランスと言えば、ハードコアだよな!『WRENSH』

近頃、フランスのコア『WRENSH』を
youtubeで見つけて聴いている。
パンクだのコアだのはUKが本場と言えば
本場だろうが、音楽までフランスに進出されると
かつての大英帝国の誇れるものは何も無くなってしまう。
動物の餌並の、激マズの飯に、
曇った天気、
美しくない本ばかりのイギリスの書物、
ブスばかりのイギリスの女達、
007だけしかない、マンネリのイギリス映画・・・。
残りは、ミスタービーンと画家のWaterhousesだけだ。

WRENSH "In Blood THey Trust"
http://www.youtube.com/watch?v=lEnveC8vccw
(記事投稿時なら視聴可能)
posted by zola at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パンク・インディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

最近聴いているハードコア 『The Casualties』

Casualties010.JPG

最近、コアも聴かなくなったが、この間、youtubeで
気に入った曲を見つけることが出来た。
古典的で伝統的な1980年代調というか1980年代風味の曲である。
グラインドコアに慣れてしまった耳には新鮮に感じる。
実に懐かしい音である。

The Casualties - "Get Off My Back" Side One Dummy
http://www.youtube.com/watch?v=yjvohu5zJlI
(記事投稿時なら視聴可能)
posted by zola at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パンク・インディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

子供の頃のトラウマ 『お菊人形の謎をとく』

okiku010.JPG

最近、暑くなってきた。夏も近いので、
それにあった内容の記事を書いてみようか。
(TVで心霊写真の番組をやらなくなったのは残念だ)
俺が子供の頃のトラウマは、あの有名なお菊人形だ。
昔は怖かったもんだが年数も経ち、
かつての子供が成長しオヤジ化すると怖くなくなってしまった。
何故、このお菊人形は髪の毛が伸びるのか?
不思議に思う人もいるはずだ。俺が子供の頃のように。
では、我々はTVを見て、そこに小さい人が入っていると思うだろうか?
動物や赤ん坊ならともかく、分別がついた年齢なら、
誰もそうは思わないはずだ。
しかしTVの仕組みや構造を知らないと
まるで、TVの中に人がいるように思えても不思議ではない。
しかしそれはただ、そう見えるだけの話だ。(手品と同じ)
実際にいるわけでないのだ。お菊人形も同様である。

ここに正解が書いてある。
超常現象の謎解き
髪が伸びる原因
http://www.nazotoki.com/okiku.html
(記事投稿時なら閲覧可能)

この【情報3】には死者の髪の毛が伸びる云々という記述がある。
俺が知っているのは、昔、本で読んだのだが、結論はそう見えるだけ。
人が死ぬと皮膚が乾燥し、張りが無くなり、皮膚が萎縮する為に
結果的に髭などの毛が伸びているように見えるだけと書いてあったのを
俺は記憶している。

ここにも書いてある。
「お菊人形」「ツチノコ」解明されてないオカルト現象に迫る
オカルト現象の科学
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20100424/zsp1004241332001-n1.htm
(記事投稿時なら閲覧可能)

ここにも書いてある。
日本人形の髪の毛が伸びるというのは本当ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012691495?fr=rcmd_chie_detail
(記事投稿時なら閲覧可能)

タネを明かされるとあっけないものだ。
それは手品と同様である。
ただ、そう見えるだけの話だ。
もうお菊人形の髪は今は伸びてない。
埋め込まれている髪の毛は当然ながら有限である。
もう既に伸びるだけ伸びきってしまったのだろう。
靴紐を思い浮かべると判りやすいと思う。
あの靴紐は一本だが、結び目は二本に見える。
一方を長くすれば、片一方は短くなる。
別にそれを不思議と思う人はいないだろう。
驚く人もいないだろう。
しかし、それは人形だと誰もが不思議がる。
しかし原理やタネを明かされると別に不思議なことじゃない。

上記の「靴紐理論」を、この他にもネットで見つけたが、
或る人物が疑問を持ったのは、
おかっぱって、そんなに髪の毛があるものなのかということだった。
そもそも、このお菊人形の物語は、おかっぱ頭であった
ということから出発し、そう断言し、確実な事実であるという
前提で物語を構成している。
しかし、ただ伝聞だけで、その物的証拠は何も無いし、
誰も提示したこともない。
最初から、本当におかっぱ頭だったのかと、ここからまず疑うべきである。
このお菊人形の物語は、すべて伝聞で構成されている。

まず最初に大正博覧会というのは、1919年(大正7年)8月1日 - 9月19日まで
札幌区と小樽区で開かれた、開道50周年記念北海道博覧会を
指していると思われる。これは確実に実施されたものである。
しかし、人形を持ってきた鈴木なる人物、或いは人形の持ち主であった清子、
或いは菊子なる幼女は果たして、実在する人物だったのかは、
明らかではなく、また、実在した証拠も、また証言も何も無いのだ。
ただ、そう言い伝えられているというばかりで、そこにも証拠が無い。
この物語は、何から何まで、伝聞伝聞で構成されている、
何一つ証拠という証拠はどこにもないのだ。
これほど有名な話なのに、この人形を預けに来た男、それに死んだ幼女を
実際に知っているという人は(年月がたっているとは言え)現れたことが無い。
この鈴木という男にも家族がいただろうし、親戚も友人もいるはずだし、
また娘がいたのだから、妻もいたはずであるが、関連する人物、親戚や
友人、知人、誰一人名乗り上げることもないのだ。
また、この物語で不思議なのは、当時の人形をよく知っている、
人形の製作者、人形研究家、人形コレクターなどが誰も登場もせず、
一切の検証も証言もしていない点である。
不思議に思っているのは、日本人形に関しては門外漢の素人だけだ。
無知こそが迷信を作り、なんでもないことを不思議がり、或いは恐れる。
しまいにゃ魚の頭さえも拝みだす。
この世に謎は無い。ただ、そう見えるだけのこと。
知識と金はいくらあってもいい。邪魔にならない。

昔はこんな人形が部屋にあったらヤダナと思ったが、
今では、別になんとも無い。
今日から俺の部屋に、この人形を置いてもOKである。
(毎夜いつ出てきてもOK。大歓迎だ)
あの寺は、この人形が存在するから
今までも、またこれからもおまんまを食べていける。
俺が住職なら毎日拝み感謝しているはずだ。
日本の端の田舎の小寺が食べていくのは簡単な事じゃない。
坊主と言えども霞を食って生きてはいけぬ。金が必要だ。
田舎の小寺では、現金収入は、「何かしら特化したもの」がないと難しい。

ただ、俺にもわからないことがある。
男のオッパイは何のために有るのか?
何の為に存在するのか?ということだ。
正確に書くと「既に女性から男性への分化を終えた、
男のオッパイは何の為に存在するのか?」
男の原型は女であり、分化したわけだが、その分化が
完了した今では、もはや無用の長物である。
分化せず女のままなら、使うだろうが、男に分化した後は、
無用である(特殊な性癖の方を除く)
posted by zola at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕を切断されるか、今ここで死ぬか、どっちかを選べ『シエラレオネの衝撃』後編

SierraLeone020.JPG

「今日、お前が俺に腕を切断されて失ったのは政治家のせいだ。
彼はそう言った」

無知は罪だ。偽善は罪だ。虚栄は罪だ。
おにぎりが食べたいと言って、近年日本人が餓死したが、
身近な日本人を放置、無視しても、見えないフリしても、
(見たことが無い、行ったことがない日本の反対側の)アフリカや
遠方の国の人を助けるのは、とても良いことだ、
賞賛される賢明な考えや判断と信じこんでいるだろう。
国内の身近に困っている人を救うより他国の人を救うことは大事で、
重要で、良い考えだと思いこんでいるだろう。
自分の子供を愛すより他国の子供のことばかり気になるのだろう。

もし万が一、困っている人や飢餓や病気の子供に
物資援助や資金が僅かに渡ったと仮定したとしても、
(永遠に資金援助や物資援助したと仮定しても)
彼らは将来、どこまで生きていけるかは判らない。
1時間、1日、1年、3年、5年・・・?
もし、生き続けても、欧米の大学を出て、
合法的な稼業につく可能性は(無視出来るほど)小さい。
将来内戦や紛争が起きた時に、或いは非合法的な稼業につき、
暴力、レイプや殺人を犯す可能性がとても大きい。
被害者から犠牲者から加害者になる可能性は否定出来ない。
将来の犯罪者、加害者を、資金援助や物質援助で育成しているようなもんだ。
じゃ、どうすればいいんだと思うかも知れない。
根本から駄目なので、対症療法的なものは無駄になるだけ。
国家、人間、教育、考え、倫理観、向学心、
何もかもが、根本から間違っている。
もし、アフリカの国々が、何か他国より優れているとすれば、
平均寿命の短さと殺人件数、死亡者の多さ、奇病の種類、
病人の数の多さ、飯も満足に食えない貧困者の多さ、
字が読めない人の多さだけだろう。
中国もインドも北朝鮮も酷い国だが、アフリカに比べれば、
文明化された立派な紳士に分類される。
国家を維持する、政府を維持するというのは、簡単そうで、難しいものである。
手っ取り早く稼ぐのは、富や利益を奪うのは、武力が一番簡単である。
会社や工場を作って製造や貿易して、金を稼ぐより、
武力で、力づくで、奪い取る方が簡単である。
その為に資金で(私腹をこらすのも重要だが)武器を買う。
AKなどは有り余るほどあるので、世界中から集まってくる。
世界の武器や弾薬がアフリカの集中する。
アフリカは軍需産業や武器商人にとって、無視できない、
巨大な市場であり、大のお得意さんである。
先進国では既に行なわれない紛争や内戦や戦争をアフリカのどこかで
常にやっているので、武器や軍事物資をいくらでも壊し、消費してくれる。
じゃ、銃器や武器が悪いんだな、無くそうと思い、
そういった支援団体に入り活動するかも知れない。
それは褒められる行為で、賢明で、優しい人と賞賛されるかも知れない。
しかし、銃が人を殺すのではない。
人が欲で、人を殺すのだ。
銃が悪いんだ、じゃ銃を無くそうとしたとしても、
今度は刃物で人を殺す。
もし刃物を無くしたとしても、今度は棍棒で、殴り合う。
もし棍棒を無くしたとしても、今度は素手で、殴り合う。
人が欲で、人を殺すのだ。
道具を取り上げても、根本的な解決にはならない。
ただの対症療法だ。
考え自体を変えないと駄目だ。それは教育が必要だ。
教育や教師、学校を作るのは、生活に余裕がなくければ無駄だ。
生活に余裕を持つには・・・・。
こうやって考えていくといくら書いてもキリが無い。
根本から駄目だから。
国際化国際化、グローバルと大人の事情で、日本では連呼するが、
たかが意思疎通の一つの道具に過ぎない英語が出来たとしても、
世界で何が起きているか、どうすべきか
自分がどうあるべきかを判断出来ないと何もならない。
日本人以外の他国の歴史、事情、状況、思想、民族、人種などを
総合的に考えないと何もならない。
それが判っていない日本人が滑稽なほど悲しいほど多すぎる。
2010 FIFAワールドカップが今年アフリカで開かれ、
それを楽しみにしている日本人も多いだろう。
きっと日本では経験出来ないような、
(サッカー以外の)考えられないものを見、聞き、体験することになるだろう。
今の日本は過保護的なので、刺激的ものほど隠蔽されているから。

今ならyoutubeで、シエラレオネ内戦の映像を見ることが出来るが、
いつ削除されてもおかしくない。
記事投稿時なら視聴が可能であるが、それ以降はわからない。
極めて衝撃的な映像である。
ベトナム戦争の映像も衝撃を受けたが、
それを簡単に凌駕するほどの衝撃的な映像である。
無情で陰惨で、衝撃的なシーンが多い。
人を射殺するのに、映画のように躊躇したりすることはなく、
ただ撃ちたいから、殺したいから、家畜を撃つように人を撃つ。
弁解も抵抗もいい訳も一切聞かない。
(もし日本の9条の関係の方もこのような状況になったら、どうなるのだろうか?)
それどころか、ごちゃごちゃ煩い奴だなと逆に撃たれる要因を作るだけのことだ。
映画や小説みたいに、そこには後悔も躊躇も反省も尊厳も無い。
ただ撃ちたいから撃つ。ごちゃごちゃ煩い奴だから、気に入らないから撃つ。
市内の銃撃で、印象に残ったのは、人の射殺シーンだ。
撃たれ、倒れ、まだ虫の息の半裸の男をまた撃つ。
半裸の男の頭がスイカが爆発するように、消し飛び、頭部が一瞬で消失する。
(数秒前まで生きていた男がこれで完全に死亡する)

THE EMPIRE OF AFRICA (part E) - The Sierra Leone civil war
http://www.youtube.com/watch?v=6YAznDaqyTI
(記事投稿時なら視聴可能)

The Forgotten War: The Sierra Leone Civil War
http://www.youtube.com/watch?v=tiqHKFMPhHw
(記事投稿時なら視聴可能)

Sierra Leone - Gun Runners - Frontline (1of3)
http://www.youtube.com/watch?v=fDHYEJbkn7s
(記事投稿時なら視聴可能)
posted by zola at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕を切断されるか、今ここで死ぬか、どっちかを選べ『シエラレオネの衝撃』前編

SierraLeone010.JPG

シエラレオネ内戦(Sierra Leone CIVIL War)の映像は
衝撃を受けたものだった。
ここに世界の現実がある。
この日本では報道されない事実がある。
片手がない人。両手がない人。片手首がない人。両手首がない人。
足がない人もいる。
これらの人々は事故等で手足を失ったのではない。
「映画ブラッド・ダイヤモンド」でも少しだけ描写があったが、
革命統一戦線Revolutionary United Front略称RUF=rebel force)に
手足を切断されたのだ。
何故、殺さないで、手足の切断を行なうのかと言うと、
それは自殺を考えさせるほど、人に苦痛と屈辱を与えるためだ。
切断の痛み以外に、日常生活でのあらゆる行為の不便、
それに、健常者で無い為に向けられる、好奇心、同情、哀れみ、
侮蔑を死ぬまで与え続ける。顔を洗う、歯を磨く、用を足す、
服の着替え、御婦人の月一度の用事、紐を結ぶ、食事、
髪を整える、性行為全般、体を洗う・・・。
これらのなんてことがない日常的な動作が困難或いは不可能になる。
誰かにやってもらえばいいだろうと思うかも知れないが、
では、それを付きっ切りで、24時間、365日、死ぬまで面倒をみれるのか?
まあ、一回位はやってくれるかも知れないが、
それを無報酬で死ぬまで面倒をみれる人はいないだろう。
もし出来ると言える人は嘘つきか、偽善者である。
アフリカの処刑、刑罰で特異な点は人体の切断である。
首、手、足、性器などを切断する。
もし生き残れても、自殺を考えるほど苦痛と絶望と屈辱を与え続ける、
その人間が死ぬまで。
その切断の前に暴力、それに(男女問わず)レイプがされる場合もある。
シエラレオネの記事でも被害者の女が切断される前には
レイプされたと語っている。
勿論切断されて、そのまま死ぬこともあるが、
生き残れる場合もある。(生き残っても地獄)
或いは、シエラレオネの映像でもみられる銃殺や或いは
撲殺の場合もある。
手足の切断の場合、年齢や性別により差別、区別はない。
女が言う女性差別もない。
女だろうが、男だろうが、赤ん坊だろうが、
そこに一切の区別も差別もなく、切断される。
子供だから勘弁してやるだの、赤ん坊だから可哀想だの
女には手をあげないみたいに、女だけは免除とか、
そんな紳士的な分別は一切ない。
有るのは、憎悪だけだ。
赤ん坊ほど、年齢が若いほど、手足切断による、苦しむ年月が多いが、
それを狙ってか狙っていないのかは判らないが、一切区別はない。
誰であろうと捕まったものはレイプされ、殺されるか、
レイプされ、切断されるかだ。

無知で善良な人(勿論、日本人も含む)は
こんな悲惨じゃ援助しなくちゃ、
募金しなくちゃと思うかもしれない。
中国人タレントの広告塔の募金やタレントの募金や
コンビニに置かれている募金箱に
お金をいれなくちゃと思うだろう。
ヤフーのクリック募金もしなくちゃと思うだろう。
ブログでみんなに宣伝しなくちゃと思うだろう。
募金することは良いと思うだろう。
それは賞賛される、或いは絶対賞賛されるべきことで、
賢明な考え、賢明な行為だと思うだろう。
称えられるべき行為だと思うだろう。

答えは否。
世の中というものは、そんなに単純ではない。(無知は罪だ)
アフリカにも日本のように既得権者が存在する。
政治家、官僚、軍人、違法組織のボスや幹部、その地域のボスや幹部。
本当に困っている人には、それらの金や物資は渡らないし、
それどころか、中抜きも当然有るし、それに既得権者が
それらを吸収し、ブランド物や愛人の宝石になったり、
武器を買う資金になったりする。
アフリカは、この俺が子供の時から何も変っていない。
俺が子供の時からアフリカの飢餓や困っている人の為に
募金しましょうという運動があったが、
よくなるどころか、ますます酷くなっている。
昔は棍棒とか刃物とかの原始的な武器で、
死者の数もそれほどは多くなかったが、
今ではAKなどのよる銃器による殺人が劇的に増大した。
アフリカは永遠にこのままだろう。
人類が滅亡するまで、根本的な解決が無い限り、永遠にこのままだろう。
女子割礼、迷信への強い盲信、ジェノサイド、手足切断、エイズ、
貧困、飢餓、低い教育水準、戦争、他国からの搾取、利権の奪い合い・・・。
教育も経済も工業も医療、何もかも駄目である。根本から駄目だ。
日本人は敗戦後、焦土と廃墟から立ち直ったばかりか先進国になったが、
これは人の歴史上、例がないほど、究極の異例のことである。
日本人が出来るから、アフリカ人が出来るとは限らない。
あなたは英語が堪能だが、他の人もそれと同様には堪能ではない。
あなたは難解な試験に合格できたが、他の人も同様には合格は出来ない。
自分が出来るから、日本が出来るから、他の国が出来るとは限らない。
例外は決して、普遍ではない。(奇跡は起こらないから奇跡と呼ぶ)

*この記事を掲載してから、色んなところから、
毎日365日見にきているが、大抵(99.9%)は
前編だけ見ているのが判る。
これは長文なので、前後に切って掲載するしか方法は無かった。
前編・後編で「一つの記事」になるので、どうせなら、
前編だけではなく、後編をも目を通して欲しいようには思う。
しかしながら、別に強要はしないし、また強要するものでもないが、
記事を書いた私からすれば、正直釈然とはしない。
(古本を買うとき、何故か前編だけが売れ切れで、
後編だけ売れ残っていて、困ったことがあるが、
この記事の前編だけ見るのは、そういう人なんだろうかと
思わざるを得ない)
しかし、私は見る見ないは絶対強要もしないし、
是非見てほしいとまでは言わない。
それは個人の自由だし、貴方が必要と思わなければ、
貴方の人生の有限な貴重なる時間を使ってまで
見る必要はないと感じる。
人生は有限であり、その時間は大切なものである。
別にこの記事を読まなくても、貴方は死ぬわけではないし、
また、この記事を見る時間を他の有意義な事に使えば
良いという考えもあるし、それも素晴らしい良い時間の使い方に思う。
貴方が必要と思えば見ればいいし、必要と思わなければ、
見なくても良いと考える。
ただ見たい人だけに、興味を持っただけに、
その機会を、私はただ与えているだけの事に過ぎない。
見たい人だけ見れば良い事である。そこには強要も義務も一切無い。
私はただ、このような現実があるのだということを提示し、
そんな現実を知る機会を与えているのみである。
posted by zola at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

チョイ(も悪くない)ワルオヤジの趣味と言えば・・・。『さてオヤジだから人形でも見るか・・・』

ninngyou010.JPG

「逆に考えるんだ!それは熟練層向けに開発されたものだと!」

やっぱチョイ(も悪くない)ワルオヤジの趣味と言えば、ビスクドールだよな。
これこそ、漢(おとこ)の趣味だよな?
まさかインテリぶって、高尚な趣味の代名詞の、飲む打つ買うの、
ギャンブルだの宝くじだのパツンコだのケーリン、ケーバ、キョーテだの、
フーゾクだのキャバクラだの酒飲みだの車だの(金田の)バイクだのアニメだの
漫画だの釣りだのやきう観戦だのサッカー観戦なんか、
やっている奴はいねえよな?
そんな高尚な趣味ぶっている&インテリぶっている奴はいねえよな?

やっぱ、漢(おとこ)の趣味の一環として、
某オークション(fr)のビスクドールを見てみた。
やっぱ男つーかオヤジつーのは、かわええものが大好きだよな?
そんで、なでまわすのが好きだよな?
ぬこをなでまわす、女をなでまわす・・・そんなかわええものを
なでまわした挙句、今度はビスクドールをなでまわしたくなるのは、
自然の摂理だよな。
そんで、某オークション(fr)のビスクドールを目でなでまわしでいたら、
理解出来ないものがあった。
物の値段というのは需要と供給の関係で決定するが、
こんな値段で買う人はこの地球上に一人でもいるのか?と俺は思ったね。
(どんな値段をつけるのも、それは自由だが)

1.カメルーンの人形
3000ユーロ程度の値付けをしている。
どっちが前なのか後ろなのか、それさえ判別不能。
「魔太郎がくる」「ブラック商会変奇郎」に出てきそうなアイテムですな。
呪術か儀式に使うとでもいうのだろうか?
文化人類学的に貴重なのだろうか?
どう貴重なのか小一時間説明して欲しい。角度とか。

2.これを見ているだけでなんか無性に悲しくなってきた。

3.フランス人男性もこれを買って使用するのだろうか?
(例えば若い頃のギャスパー・ウリエル系の人も・・・)
もしそうだとしたら、日本のほにゃらら工業を教えてあげたい。
しかし、黒いB地区だな。ピンクという発想は無かったのか?
それとも逆に考えて、熟練向けというか、女を知り尽くした、
何もかもやりつくした熟練層向けとして開発されたのであろうか?

4.Hustler Virtual Girl
この人形の説明書きをした人に、日本人の俺がVirtualの意味を
小一時間説明してあげたい。
それに日本には、あのほにゃらら工業という会社があることを
教えてあげたい。
そして、お前の製品はまだまだなんだよと知らしめてあげたい。

5.この人形を見て、幸せな気分になれる人はこの世に何人いるだろう?
やはり、人の不幸や悩み事で生計を為している方は、
これを見て、何か憑いているとでも言うのだろうか?
もし、そうだとしても、相手がもしフランス人でも或いはアフリカ人でも
効力は有るのだろうか?
(何か昔の怖い系のフラッシュで、このような人形が使われているのを思い出した)
posted by zola at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

日本人なら朝飯はやっぱ・・・。『セブンイレブンのクリームパン』

実はYO
昨日の夜YO
小腹が空いて、『セブンイレブンのクリームパン』が
食べたくなったんだな、これがYO
もう辛抱たまらなくって、一目散にマッハ15で
セブンイレブンに行ったわけYO
そうしたら、ねえのYO
あの『セブンイレブンのクリームパン』がねえのYO
つーかパンだけ全滅なわけYO
仕方ねえから、そのまま帰ってきた。

今さ、今度はあるだろうと思って、朝っぱら早速セブンイレブンにいって、
あの『セブンイレブンのクリームパン』を買ってきたわ。
この記事を投稿したら、早速食べるわ。

日本人なら朝飯はやっぱ、『セブンイレブンのクリームパン』だよな。
これ一択だよな。
まさか今時21世紀になるのに、シャケの切り身だの味噌汁だのの
朝食をとっている奴はいねえよな?
いつの時代だYO
昭和かYO
江戸時代かYO
どこのオヤジだYO
何の罰ゲームだYO
あの伝説の番組 THE GAMAN かYO
やっぱ情強の日本人なら朝飯は『セブンイレブンのクリームパン』だよな。
つーか、きっとセブンイレブンの店員に俺は、渾名つけられているわ。
クリームパンって・・・。
posted by zola at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

夜中に突然小腹がすいたら・・・。 『セブンイレブンのクリームパン』

kurimupan010.JPG
昔YO、セブンイレブンのCMで、
夜中に突然、いなり寿司が食べたくなったケーコさんが
セブンイレブンに、カールルイス顔負けレベルで
大急ぎで猛ダッシュで買いに行くつーCMがあったよな。
ありえねえYO
どこの情弱だYO
は?いなり寿司だぁ〜
どこのカッペだYO
どこの田吾作だYO
どこのいなかっぺ大将だYO
まあ、アレだ。今時のナウいヤングは
いなり寿司つー前時代的で、古色蒼然とした食いモンには
見向きもしねえつーの。
何が悲しゅうて、いなり寿司を食べなくちゃいかんのYO
罰ゲームかYO
あの伝説の番組 THE GAMAN かYO
まあ、アレだ。地震とか戦争とかそんな極限の状況下で、
食い物がいなり寿司しかねえような状況下なら、
食ってやらんこともねえがな。
やっぱ、今時のナウいヤング&オシャレなヤングはYO
今時の情強のヤングはYO
『セブンイレブンのクリームパン』一択だな。
つーかなんか「いなり寿司」つー名前は爺婆臭くね?
そこをいくと、『セブンイレブンのクリームパン』は、
なんか横文字で、ハイカラで、すげえオシャレっぽいだろ!
なんか文明開化みたいな、ザンギリ頭を叩いてみれば、
文明開化の音がするみたいな、そんなオシャレな感じするだろ?

つーわけで、夜中に小腹がすいたので、
早速セブンイレブンに行って、
『セブンイレブンのクリームパン』を買ってきましたYO
これがなかなか美味いんだな。
美味すぎワロタ。
最初どうせ、ベーカーリー製じゃなく、たかが工場のパンだろ、
どうせ、まずいに決まっていると思って食べたわけだが、
これがなかなか美味い!
クリームパン暦、35年ほど経過するわけだが、
巷では、クリームパン博士と言われまくりな訳だが、
クリームパン鑑定士と言われまくりな訳だが、
そんな俺が断言するんだが、この98円という価格帯で、
ここまで美味いのはないわな。
気をつけたいのは、鮮度。パンは時間経過に比例して、
美味くなくなるので、つーか出来たてなら、
どんなパンでも美味いわな。
今は、セブンイレブンのパン20円引きをやっているので、
98円のクリームパンが78円でした。
(5月17日まで焼きたてパン20円引きセール)
この記事を投稿したら、早速食べてみます。

死んだ時は、愛書家は本を象った墓石を作ったり、
酒飲みは酒のビンを象った墓石を作るというが、
俺は、クリームパンを象った墓石を作りたい。
「クリームパンを生涯愛し続けた男、ここに眠る」と墓石に刻みつけて欲しい。
もうzolaというハンドルはやめて、「スペシャルクリームダイナマイツ」とか
「スペシャルローリングサンダークリームパン(SRSC)」とか
「クリームパンLOVELOVE愛している」とか
「クリームパン大好き野郎とオチャメな仲間達」とか
そんなハンドルにすっかな?

ブログタイトルも古書蒐集日記じゃなくて、「クリームパン大好き日記」とか
「今日も大好きクリームパン日記」とかにすっかな?
posted by zola at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

TVで見たスゴイ&超美人な人 『体操選手 田中理恵』

tanakarie010.JPG
さきほど何気にTVをつけてみたら、NHK教育で、
「第64回全日本体操選手権 男女個人総合」
(5月9日(日) 15:00〜16:30)をやっていた。
体操選手と言えば、まず美人、美しい、可愛い・・・と言った
良いイメージしかない。
(音大生も音楽家も美人とか可愛い人しかいないイメージしかない)
さて、どんな可愛い選手が出来てくるんだろうかと思っていたら、
すごい美人選手が出てきた。
そのすごい美人な選手の名は田中理恵(日本体育大学・大学院生22歳)
本当にすごい美人だ。
(正統派の美女ですな。佐藤藍子&佐藤江梨子系ですな)
和歌山出身ということだが、和歌山といえば、南方熊楠のイメージしかないが、
こんな美人がテンコ盛りの地か?こんな美人しかいないところか?
日本体育大学はよく知らないが、こんな美人がテンコ盛りの大学か?
日本体育大学はこんな美人がいくらでもいる大学なのか?
それにしても体操選手といえば、かわいい&美人しかいないイメージである。
こんな逸材が世の中にまだ埋もれていたとは!おそるべし!

日本体操協会による田中理恵の公式プロフィール
http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/player/natio09w/data/09wdai_tanaka.html
(記事投稿時なら閲覧可能)
posted by zola at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

はるかな〜♪地平線〜♪ 『TV東京 世界秘境全集傑作選 南米パタゴニア』

Miroungaleonina010.JPG
本日、さきほど、TV東京で、恒例の世界秘境全集傑作選をやっていたので見た。
最近、めっきりと減った、世界の秘境を紹介する番組である。
南米なので、今まで見た地域では、比較的に文明化されていた。
今回、特に印象に残ったのは、パタゴニアのミナミゾウアザラシのシーンである。
赤ん坊アザラシが自分の母親ではない、メスアザラシに乳を求めて、すりよっていく。
その赤ん坊のアザラシは何日も乳を飲んでいない。
自分の母親のメスアザラシは漁に行ったまま、帰ってこないからだ。
おそらく、どこかで死んでいるのだろう。
何日も乳を吸えずに飢えた、赤ん坊アザラシは、
他のメスに乳を求めて、擦り寄るが、邪険に追い払われる。
その追い払う、そのベージュ色のメスアザラシは寄せ付けまいとして、
口を大きく開け、威嚇の声を上げ、恐ろしいほどのグロテスクな表情をしていた。
既に声が出ないほど、弱りきった赤ん坊アザラシはあのまま死ぬしかない。
それが自然の摂理というものだから、どうしようもない。
人間特有の倫理観を求めても仕方が無いことだ。
動物の世界では、自分の子以外に乳をやることは稀だ。
今回の取材は、南米最南端にモンゴロイドの子孫を求めてという趣旨であった。
15年後に再度訪れた様子も撮影していたが、前居た、幼女の姿が無く、気になった。
おそらく都会に出たか、既に嫁いだのだろう。
posted by zola at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする