2010年12月11日

フランス映画 『歓楽通り(Rue des plaisirs)』

Ruedesplaisirs020.JPG
2002年フランス制作。91分。
上海が東洋の魔都と仮定するならば、
欧州の魔都とは、パリの事だろう。
この映画でも描かれている様に
フランス映画では、娼婦や娼館が数多く描かれてきた。
(勿論、小説などの文芸作品でも同様である)
本映画は相当昔の事、TVでやっていたので、
見た覚えがある。
フランス映画らしい。奇妙な物語で、結末が
悲しかったと記憶している。
何度も見る映画ではないが、1945年頃の
パリの娼館がよく再現されているので、
興味がある方は見てみるといい。

Bande-Annonce : Rue des plaisirs
(記事投稿時なら視聴可能)
http://www.commeaucinema.com/bande-annonce/2964
posted by zola at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

サスペンス映画 『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 』

strangers001.JPG
2008年アメリカ制作。85分。(原題 The Strangers)
最初から期待していなかった為にそれほどの落胆は感じなかった。
あの訪問者達は何なのか?どんな目的があるのか判らない。
制作意図も不明。この映画の評価は高いとは言えず
酷評が目立つ。映画の宣伝、提灯記事は良いことだけしか
勿論書いていないが、それほどの良い映画とは言えない。

2010年12月01日

絵画 『Jean-Jules-Antoine Lecomte de Nouy』

Lecomte de Nouy01a.JPG
フランスの画家。
Jean-Jules-Antoine Lecomte de Nouy (1842-1923)

上から、
L’Esclave blanche(The White Slave-1888)
白人のかわいい奴隷女が一服をしている。

Mademoiselle de Maupin (1902)
ゴーティエの「モーパン嬢」の一場面。
物語のクライマックスで、
ダンベールに、モーパン嬢が裸体をさらけ出す場面。
当然、ブラジャーはまだ存在しないので、つけていません。
この後、ダンベールとモーパン嬢は一夜を共にする。
posted by zola at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする