2011年09月23日

『林由紀子個展のお知らせ 蔵書票職人の仕事部屋』

hayashiyukikoten11101010.JPG
以前にも本ブログで取り上げた、版画家の林由紀子さんから
個展の案内を頂きましたので、紹介したいと思います。

林由紀子 *蔵書票職人の仕事部屋*
彫刻銅版の蔵書票と鉛筆の細密画展

2011年10月1日(土)-10月10日(祝)
11:00-18:00 (10月5日(水)休廊)

Gallery カサブランカ 
〒410-0836
静岡県沼津市吉田町27-5
メゾンリヴェール1F
090-5633-3765
http://www4.tokai.or.jp/g-cb/

詳細は上記ブログをご覧下さい。
posted by zola at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

金と時間を無駄にしたい人向けの映画 『リセット(原題Vanishing on 7th Street)』

Vanishing7thStreet001.JPG
2011年アメリカ制作 91分
レンタルする時、すごく駄目っぽさが漂っていて、
相当悩んだ末に借りた映画。
無理かもと思いつつ、見て始めた。
最初の数分はそれほど駄目っぽさが目立たなかったが、
生き物の様に黒い闇がうなり声を立てながら、
動き始める描写を見てから、駄目だこりゃと思い、
映画が終わるまで、あの伝説の番組THE ガマン状態になった。
もはや修行と言おうか、最終解脱を目指す苦行に思えた。
これほど駄目な映画も珍しい。
なんかの修行、なんかの苦行、最終解脱を目指すような人向け、
金と時間を無駄にしたい人向けの映画。
この映画を良いと思った人は制作した人だけだろう。
伏線はあるのだが、何もかも投げっぱなしで、
大風呂敷を広げたのはいいが、何もかもが回収もされないまま、
謎は謎のままに終わり、観客は唖然とするばかり。
最後の意味は判る。たぶん、あの2人はアダムとイブに相当するんだろう。
林檎の描写もあったし。それ以外は何もかも意味が判らない。
似たような映画、「ハプニング」も謎ばかりで、消化不良を起こしたが、
あれはまだマシに思える。
何故人が消えたのか、何故、消える時、肉体だけなのか。
あの黒い闇は何なのか。何故、電池切れを起こすのか。
何故、日が暮れるのが早いのか。
何故、あの少年と少女だけが助かったのか。
選ばれたのか・・・。謎を観客に提示はする癖に、
何一つ回答は与えてくれない。

2011年09月03日

妄想の具現化 映画『エンジェル ウォーズ(原題Sucker Punch)』U

SuckerPunch004.JPG
戦う者の人生は、戦わぬ者の人生よりはるかに美しい

まず予告で見て以来、ワクワクするような世界なので、とても期待して、
早速レンタルして見てみた。やはり最高に良い作品だと思う。
物語としては非常に悲しい話である。
日本のサブカルチャーに影響を受けた描写が目立った。
ミニスカ・セーラー服にニーソックスはとてもカワイイ。
このミニスカ・セーラー服にニーソックス姿のベビードールを演じるのは、
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のエミリー・ブラウニング。
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」で初めて知った女優だが、
かわいいし、綺麗なので、それから注目していた。
この服装を好きという男は多くても嫌う男は余りいないはず。
それにガーターにストッキングも固定ファンはさぞかし多かろう。
ある意味、男の妄想を具現化した映像だろう。
まず、こういうものを映像化したいと思って
ストーリーを後から考えたと仮定しても少しもおかしくはない。
未来が舞台の爆弾列車の妄想話に出てきた、
ロボットがあのC-3POに見えて仕方が無かったし、
精神病院の看守の男もフレディ・マーキュリーに見えて仕方が無かった。
拳銃にアクセサリーをつけるセンスは男には思い浮かばない。
(男でも携帯にアクセサリーをジャラジャラつけるのはいるが、
その割合と頻度はやはり女が大多数であるが、年齢と共に減少していく)

本映画の評をネットで見てみると、多くの人が第一次世界大戦の妄想話を
何故か、第二次世界大戦、それにナチスドイツと勘違いしているようだが、
余りにも無知すぎて私は悲しく思う。(WW1にナチスは誕生すらしていない)
塹壕、ルイス軽機関銃、飛行船、複葉機などは、言わば、お約束的な記号で、
それは第一次世界大戦と判るはずだが、一般人の歴史認識はその程度であろうか。
また本映画の物語の舞台は1950年代ということが、髪型、細いスーツのエリ、
細いネクタイなどで、おのずと判る。
それらは時代を示す記号であり、その時代を言葉で説明せずとも、我々に提示するものだ。
まるで、それは考古学の様に。文字(言葉)で説明するのではなく、物的資料で示すのだ。
本映画はCG、スローモーションの多用により最大限の効果をあげており、
綺麗な、幻想的な映像はとても素晴らしい。
また、エミリー・ブラウニングが演じる、ベビードール他、
ブロンディ、アンバー、ロケット、スイートピーなど登場人物が実に魅力的に描かれている。
本映画のスタップなら、私の好きなゲーム「BloodRayne」「天誅」も
実写で忠実に再現出来るだろう。
本映画はまるで上手いゲームプレイヤーのプレイ動画を見ている様なものだ。

Sucker Punch - Official Trailer [HD]
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/G68fHZig9nA

Sucker Punch - Official Trailer 2 [HD]
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/KrIiYSdEe4E

Sucker Punch (OST) - 01 - Sweet Dreams - Emily Browning
http://youtu.be/u7zxNpGA7wI
(記事投稿時には視聴可能)
物語の冒頭に流れる、ユーリズミックスの「スウィート・ドリームズ」のカバー

Sucker Punch - Samurai Fight Scene [HD]
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/c-bCGOthQ5k

Sucker Punch Nazi Zombies Part 1
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/LPl2TzUGYKA

Sucker Punch Nazi Zombies Part 2
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/jU3197aPyBQ

Sucker Punch Nazi Zombies Part 3
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/ChDoQaqhHL8

Emiliana Torrini - White Rabbit ( remix )
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/pbwhGSeeq7s

Emiliana Torriniが歌う、リミックスされた
「Jefferson Airplane」の「White Rabbit」は
本映画のイメージにぴったり。

Jefferson Airplane - White Rabbit
One pill makes you larger
And one pill makes you small,
And the ones that mother gives you
Don't do anything at all.
Go ask Alice
When she's ten feet tall.
And if you go chasing rabbits
And you know you're going to fall,
Tell 'em a hookah smoking caterpillar
Has given you the call.
Call Alice
When she was just small.
When the men on the chessboard
Get up and tell you where to go
And you've just had some kind of mushroom
And your mind is moving low.
Go ask Alice
I think she'll know.
When logic and proportion
Have fallen sloppy dead,
And the White Knight is talking backwards
And the Red Queen's off with her head!
Remember what the dormouse said:
Feed your head! Feed your head!

White Rabbit
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/52JbRkhMLLc
カナダのJuggafreeze2が歌うWhite Rabbit
posted by zola at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妄想の具現化 映画『エンジェル ウォーズ(原題Sucker Punch)』T

SuckerPunch002.JPG
カワイイ、かっこいい、そして美しい

2011年アメリカ制作 110分 監督ザック・スナイダー
原題「Sucker Punch」の意味は予想外の殴打(パンチ)、不意打ちの意。
邦題「エンジェル ウォーズ」はやはり評判が最悪。原題の方がマシ。
何故、こんなタイトルをつけてしまうのか、判らない。
もう21世紀なのに、いつまで昭和脳なんだろうか。恐るべき時代錯誤。
(どこの田吾作がつけたんだろうか?どこのGGEがドヤ顔して、付けたんだろうか?)
確かに、女達が戦う姿は、あの「チャーリーズ・エンジェル」を想起させるが、
中学生レベル、いや小学生レベル、いや幼稚園児レベルの英語である。
それは確かにスポーツのサッカーを想起してしまう危惧も0.1%はあるかも知れない。
しかし、これから見る映画がサッカーなのか否かは判りそうなものだし、
日本国民全員が、何も、本と食べるラー油を間違えて買う訳でもないのだ。
間違える人はいるかも知れないが、それは統計の誤差程度である。
(私はサッカーと聞いて、まず吸うを思い浮かべた、私は蹴球には興味がない)
「エンジェル ウォーズ」の様なタイトルだとアルバトロスの映画みたいに感じる。
posted by zola at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

絵画 『Frederick Goodall』

frederickgoodallthefindingofmoses1862010.jpg
イギリスの画家 Frederick Goodall (1822-1904)
The Finding of Moses.(1862)
posted by zola at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする