2011年10月21日

映画 『クレイジーズ(2010)』(原題The Crazies)

thecrazies2010remake010.JPG
第23回東京国際映画祭特別招待作品。
2010年アメリカ制作。101分。
以前、本ブログで取り上げた、1973年のジョージ・A・ロメロ監督
「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」のリメイク作品。
オリジナルが言わば群集劇であったのに比べ、
リメイク作品では、アイオワ州オグデンマーシュの保安官、
その妻、それに保安官助手が言わば主人公であり、
この3人を軸に語られていく。
オリジナルでは、老婆の感染者が編み針で軍人を刺す
シーンなどもあり、性別、年齢などがまちまちであったと
記憶しているが、リメイクでは感染者として描かれるのが、
主に男であり、その辺の描写がオリジナルと比較して物足りなかった。
それに人物の背後、横から伸びる手が実は味方だったという
演出が本映画でも見られたし、また車のキーが複数あり、
どれが合うか判らずにモタモタするという演出もあって、
これらは21世紀になっても、いまだ健在。
作品のテンポとしてはオリジナルよりもリメイクが良く、
見ていて飽きない。作品の出来としてはまあまあだが、
オリジナルのイメージがどうしても根底にあるので、
物足りなくは感じる。

THE CRAZIES - Trailer
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/J7w9uWFIMBs

REAL Grindhouse Trailer - The Crazies (1973)
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/nF8JuzjM8Lk

The Crazies (1973) - Evil intrusion into the domestic sphere
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/koRaxPYuwfw
この動画の最後の方に編み針のシーンがある

2011年10月20日

昔、よく聴いた曲 『椎名林檎』

ringo010a.JPG
椎名林檎の「ギブス」それに「歌舞伎町の女王」は
よく昔聴いたものだ。
こういう普通の歌は聴く事は、基本まず無いのだが、
たまには聴いてみると良いものだ。
「ギブス」の椎名林檎の衣装、ワンピースとブーツが良い。
(もし俺が女なら、きっと好んでやっていただろう)
ありがちな中二病的な映像構成だが、
椎名林檎の背後で繰り広げられる、喜劇調の小芝居も見逃せない。

PV 椎名林檎 - ギブス
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/JfXYY1KnBRY

椎名林檎  歌舞伎町の女王
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/WsamZ7gkR7w
posted by zola at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

『林 由紀子展のお知らせ ペン画・水彩画・銅版の蔵書票-プロセルピナに花束を-』

hayashiyukiko2011115010.JPG
本ブログで何度も取り上げている、版画家の林由紀子さんから
個展のDMを頂きましたので、紹介したいと思います。

林 由紀子展 
ペン画・水彩画・銅版の蔵書票
-プロセルピナに花束を-

2011年11月5日(土)-11月27日(日)
<木曜休廊>
作家在廊:5日・6日・26日・27日

*銅版蔵書票集「プシュケの震える翅」
 ポストカード集「霜降る夜に薔薇の夢」
 も販売致します。

<作家プロフィール>
東京生まれ、三島市在住。
銅版画を坂東壮一氏に師事。現在は主に蔵書票の
注文制作を手がけ、国内外で高い評価を得ている。
銅版蔵書票集「プシュケの震える翅」を刊行。

galerie L'oeil
ギャラリーロイユ 
〒650-0012
神戸市中央区北長狭通3-2-10
キダビル2F
Tel 078-595-9070
http://g-loeil.com
詳細は上記サイトをご覧下さい。
posted by zola at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする