2014年06月22日

アレクサンドル・アジャ監督作品 『ヒルズ・ハブ・アイズ』

TheHillsHaveEyes010.jpg
2006年アメリカ制作。107 分。(原題The Hills Have Eyes)

あのフランス映画のホラー映画作品「ハイテンション」を
監督した、アレクサンドル・アジャのハリウッド・デビュー作品。
1977年のホラー映画「サランドラ」のリメイク作品だが記憶がない。
見たとしても、印象の残るほどの作品でなかったのだろう。
しかし本映画の『ヒルズ・ハブ・アイズ』は公開されてから、
何年も経過しても記憶に鮮明に残るほどのインパクトがあり、
また陰惨な映画である。
さすが「ハイテンション」を監督しただけあって、
アレクサンドル・アジャの感性、構成、出来栄えは素晴らしいと思う。
これはホラー映画史に確実に残るほどの映画作品だと感じた。
作品を見て思ったのは主人公たちが給油をする為による、
アメリカ映画のホラーにありがちな、定番の小汚いガソリンスタンドである。
下品なガソリンスタンドのオヤジとの会話やそんなやり取りは
ホラー映画には欠かす事が出来ない、定番の物語展開でもある。
(ガソリンスタンド以外にも、主人公たちと関わる田舎の警官の登場も
ホラー映画にはありがちな展開であって、欠かすことが出来ないキャラで、
これらのキャラはこれからの主人公の運命を暗示している・・・)
映画冒頭では全く目立つこともない、婿の眼鏡男の映画後半の奮闘が素晴らしい。
ホラー映画好きには絶対おすすめの作品。
見ても後悔はさせないことを請け合うほどの良く出来た、ホラー映画の秀作。
逆に言えば、ホラー映画ファンであって、もし今までに見てなかったとすれば、
それはホラー映画ファンではないとまで断言できるほどの評価が高い作品。
(ヒルズ・ハブ・アイズ2も見てみたが駄作)

The Hills Have Eyes.TRAILER.2006
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/O76m3kpgPTQ

The Hills Have Eyes - Here To Stay .
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/ZbckRttDYfs

良作なゾンビ映画 『END エンド』

extinctionthegmochronicles010.jpg
2011年ドイツ制作。114分。
(原題EXTINCTION The G.M.O. Chronicles)

ドイツ制作のゾンビ映画だが、使用言語は英語。
やはり、興行のためもあろうが、言語はドイツ語で
あったなら、良かっただろうし、
またリアリティも増しただろうに。
駄作が数多いゾンビ映画の中では、無名ながらも
なかなかの良作。114分と2時間近いが、
私には決して長いとは感じなかった。
それほど良い作品だということである。
確かに途中ダレるシーンもあるにはあるが、
気にはならない。
主人公が立てこもる、古い軍基地は対ゾンビ戦には
格好の場所であるし、主人公が寝起きする場所は
高所の見張り台であり、攻撃するのは難しく、守りやすい。
衛星電話を通じての交信、必要な薬を取りに街に
繰り出すシーン、また謎の女性の登場など、
114分という時間ながら、飽きさせない物語の展開に
なっている。有名な作品とは言えないが
ゾンビ映画好きにはおすすめの映画作品。

Extinction - The G.M.O. Chronicles (Official Trailer) .
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/GNmBtN_9G0M
posted by zola at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス映画 『CAGED -監禁-』

Captifs2010010.JPG
2010年フランス制作。84分。(原題CAPTIFS)
特記することがないほどの平凡な作。
フランスのホラーサスペンス映画なので、
やはり、どうしても期待してしまったが、
それほどではない。
拉致&臓器移植チームの男達の演技が良く、
特に内藤陳を思わすような、医者?役の役者の
演技が良かった。
わざと脱出させておいて、あのようになるとは、
やはりなと思ってしまった。
観客に先を読まれるのでは、
この手の映画としては失格だろう。
それに、やはり脱出する時には
(あのバイオのゾンビ犬を思わせるような)
やけにしつこい犬は、鎖で繋がれているうちに、
さっさと始末しておけばいいのになと思った。
後々面倒になるのは判っているから・・・。
どうしても借りるものがなく、
暇つぶしには見てもいいかなというレベル。

*本映画をブログに掲載してからほぼ毎日
この映画を検索してくる人がいるが、
その検索の時間さえ無駄!
検索するほどの価値すらない駄作と改めて断言する。

同様に『キャプティビティ』もほぼ毎日のように
検索してくるが『キャプティビティ』も一言で言えば、
駄作の部類。検索する価値すらもない。
見ても時間の無駄だと思う。
映画が発明されてから100年以上が経過したが、
初めて「映画」というものの存在を知り、
「これが映画なんだ」という人にはいいかも知れない。

2014年06月16日

『人形作家・版画家 中嶋清八出品 「みずうみ〜少女と毒薬」展』

spanmizuominakaji03.JPG
人形作家・版画家である、中嶋清八さんから
DMを頂いたので掲載を致します。

シュルレアリズムの視点 No.6
「みずうみ〜少女と毒薬」展
http://www.span-art.co.jp/exhibition/201406mizuumi.html

浅野信二 アルフォンス・イノウエ 伊豫田晃一
中嶋清八 根橋洋一 林由紀子 古川沙織
松本智里 森馨 山本じん

2014年6月24日(火)〜7月5日(土)
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)日曜休廊

SPAN ART GALLERY/スパンアートギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1F
■JR 「有楽町駅」 銀座出口 徒歩3分
■地下鉄有楽町線 「銀座1丁目」4番出口 徒歩0分
TEL/03-5524-3060 FAX/03-5524-3103
[URL] http://www.span-art.co.jp/

(詳細は下記の中嶋清八さんのブログ、
或いは上記のギャラリーまでお問い合わせ下さい)

中嶋清八さんのブログ
http://53435481.at.webry.info/

中嶋清八さんのtwitter.
https://twitter.com/SeihachiN
posted by zola at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『版画家 林由紀子出品 「みずうみ〜少女と毒薬」展』

spanmizuomihaya03.JPG
版画家の林由紀子さんから、DMを頂きましたので、
ご紹介致します。

シュルレアリズムの視点 No.6
「みずうみ〜少女と毒薬」展
http://www.span-art.co.jp/exhibition/201406mizuumi.html

浅野信二 アルフォンス・イノウエ 伊豫田晃一
中嶋清八 根橋洋一 林由紀子 古川沙織
松本智里 森馨 山本じん

2014年6月24日(火)〜7月5日(土)
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)日曜休廊

SPAN ART GALLERY/スパンアートギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1F
■JR 「有楽町駅」 銀座出口 徒歩3分
■地下鉄有楽町線 「銀座1丁目」4番出口 徒歩0分
TEL/03-5524-3060 FAX/03-5524-3103
[URL] http://www.span-art.co.jp/
posted by zola at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『版画家 林由紀子出品 エクスリブリス・パラディーゾ』

hayashiexlibrisvani03.JPG
版画家の林由紀子さんから、DMを頂きましたので、
ご紹介致します。

エクスリブリス・パラディーゾ
―蔵書票のセンシュアリズム―

書物の見返し部分に貼り付け、その本を誰が所有物であるのかを
はっきりとさせる蔵書票。
本来の「しるし」としての役割を全うすると同時に、
その美的価値は書物愛好家のみならず
多くの美術愛好家の蒐集心を鷲掴みにしてきました。
ヴァニラ画廊ではフランツ・フォン・バイロスを
はじめとした近現代作家による上品かつユーモラス、
とりわけ甘美でエロティックな蔵書票の数々を展示します。
小さな小さなエロスの楽園、芳しき官能の描画世界をお楽しみ下さい。 .

2014.6/16Mon→6/28Sat
(平日)12:00→19:00 (金)12:00→20:00 (土日)12:00→17:00

出品:フランツ・フォン・バイロス/蒲地清爾/杉本一文/林由紀子/
その他、世界の蔵書票の数々を展示します。

gallery Broom 入場料 500円
(同時開催のA室展示もご覧いただけます。)

*詳細は下記サイトをご覧下さい。
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2014/20140616b.html

ヴァニラ画廊
Vanilla Gallery
新橋駅(JR)銀座出口徒歩5分 銀座駅(地下鉄)A3出口徒歩5分
新橋駅(地下鉄)一番出口徒歩5分 有楽町駅(JR)徒歩10分

TEL03−5568−1233 http://www.vanilla-gallery.com
東京都中央区銀座8-10-7 東成ビル地下2F 〒104-0061
月〜木12:00 〜 19:00 金12:00 〜 20:00 土日・祝12:00 〜 17:00
posted by zola at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする