2014年08月28日

『林 由紀子制作の蔵書票 「書斎のニンフ」』

hayashishosainymph2014010a.JPG
今回は版画家の林 由紀子さんが制作した、
蔵書票「書斎のニンフ」をご紹介致します。

林由紀子さんのtwitter
https://twitter.com/PsycheYukiko

今回、本ブログでは、林由紀子さん制作の銅版画蔵書票
「書斎のニンフ(E.A.)」を取り上げます。
林さんにお聞きしたところ、この蔵書票は大変に
人気があると言っていました。その人気の理由は判ります。
はっきり言って、この蔵書票に私は一目ぼれしました。
だから、欲しいと思い、購入したのです。
何故、人気なのかは、人それぞれ、各個人の評価、
価値観があり、個々の差異が有るとは思いますが、
私が一目ぼれした理由を述べると、きっとこうなるでしょう。

林さんの版画(作品)の世界は、誰にも絶対真似出来ない、
個性的で独特で、独自性があり、又あふれる気品さがあり、
そこには、誰も抜きんでる事が無い、卓越した世界観があります。
そんな作品の中でも、「書斎のニンフ」は、勿論、良い意味で、
*異質であって、またエロチックでもあって、
突出した世界観を持った作品だと感じます。
林さんの版画では(多分)主たる人物が後ろ向きの作品は、
滅多に無いはずです(その点も際立った点だと感じました)し、
無邪気にじゃれる猫、画面一杯の本棚、背面の裸婦等、
発想や感性、構図や構成力、描写共に素晴らしい。
しかし、その「素晴らしい」という一言だけでは、とても言い尽くせない
程の美々しい作品だと思います。
それが蔵書票作品「書斎のニンフ」に惚れ込んだと言いますか、
林由紀子という、好きな一芸術家が織り成す世界観に魅了された、
この自分が(彼女の優美で繊細可憐な多数の作品群から)
この作品が特に目を引いた理由です。
林さん制作の蔵書票作品「書斎のニンフ」は是非とも欲しいと思い、
購入に結びつくことになりました。

*(従来の彼女の作品とは)異色と言い換えても良いし、異彩を放つ
毛色が変わった作品と言ってもいいのですが、とにかく蔵書票
「書斎のニンフ」に目を奪われたのです。具体的に言えば、
「アルフォンス井上」を彷彿させるようなエロスを感じました。

以前、本ブログで紹介しましたが、2014年9月2日から9月14日まで、
大阪のYart Gallery ワイアートギャラリー
http://www.yart-gallery.co.jp/
において、『林由紀子個展 ペルセポネーの花と闇』が開かれます。
林由紀子の独特で傑出した世界観を垣間見ることが
出来る展示になることでしょう。お薦めの個展です。
posted by zola at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

『「人形偏愛主義 ヒトガタへの受胎告知」を見に行きました』

201408hitogatanakashima010final.jpg201408hitogatanakashima020final.jpg
*作家、ギャラリー、作品購入者に特別の許可を得て、
  写真撮影、本ブログへの掲載を行っております。

先日、本ブログでも紹介した、渋谷Bunkamura Galleryで開催中の
「人形偏愛主義 ヒトガタへの受胎告知」に行き、
中嶋清八さん制作の人形を実際に間近で拝見してきました。
(ちなみに会場入り口には、あの四谷シモンの人形が飾られておりました)
中嶋清八さん制作の人形は細部まで作りこんであり、
実に凝った丁寧な作りのとても素晴らしい作品でした。
(中嶋さんの作品は既に初日に売約済とのことです)
やはり作品は、購入者の好みや馴染みの固定のファン、価格にもよるかと
思いますが、「本当に良いものから売れるものだな」と実感しました。
会場横のカフェで、中嶋さんにお話を伺い、また会場の展示してある
人形の一体一体について、ご説明をして下さり、大変有意義で
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
ご多忙のところ、貴重なお時間を割いて下さり、どうも有難うございました。
この場を借りで、厚く御礼を申し上げます。
これからも人に愛でられ、大切にされ続ける人形を作り続けて下さい。

他、(以前ブログでも書いた才能豊かな)高田美苗さん制作の人形も
展示してあり、拝見しましたが、これもまた細部まで作りこんであり、
とても良い作品でした。
高田美苗さんは本当に多才な方です。まさか人形までも作ってしまうとは!
高田美苗さんには出来ないことを探すのは難しいのではと思うほどで、
その多才さの陰には、きっと涙ぐましい努力があるのではないかと思います。
高田美苗さんのその才こそは「天は二物を与えず」というは必ずしも
絶対ではないということを如実に示す実例であり、
我々に提示するものでありましょう。

posted by zola at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

『版画家 林由紀子さんからの贈り物(蔵書票)』

20140805hayashiexlibris010.jpg
先日、版画家である、林由紀子さんからの
思いがけない贈り物を頂きました。
それは林さんの蔵書票二葉でした。
素敵な贈り物をどうもありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

その蔵書票を今回、ご紹介致したいと思います。
この二葉の蔵書票は林さんご自身の蔵書票であり、
その題材には花とカタツムリが使われています。
林さんの座右の銘である、*メメント・モリ(memento mori)を
表現した作品です。
実は私も座右の銘はメメント・モリなのです。
若い頃は思いもしませんでしたが、人生も終盤に近くなると
そう思うようになりました。
いつもメメント・モリの思想が頭から離れません。

wikipediaより抜粋。
*メメント・モリ(羅: memento mori)は、
ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。
「死を記憶せよ」などと訳され、芸術作品のモチーフとして広く使われる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA
(記事投稿時には閲覧可能)

林由紀子さんのtwitter
https://twitter.com/PsycheYukiko
posted by zola at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

『beat boxならフランスだよな Eklips』

eklipsbeatboxer010.JPG
Eklipsはフランスのbeat boxerで時々聞いている。

telerama Eklips beat box .
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/aSXvqqidD5k

The most amazing beat box video ever!!!
4 minutes hip hop history
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/g0_2vmkTmf0

Eklips - La Nuit du SAV - Canal +
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/2N-vmB0L9ZU
posted by zola at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵画 『Delphin Enjolras』

Young Woman Reading by a Window010.JPG
フランスの画家Delphin Enjolras(1865-1945)
Young Woman Reading by a Window.
posted by zola at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵画 『Luis Ricardo Falero』

Vision de Fausto010.jpg
スペインの画家Luis Ricardo Falero(1851-1896)
Witches going to their Sabbath (1878)
posted by zola at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵画 『Charles Joshua Chaplin』

Charles Joshua Chaplin010a.JPG
フランスの画家Charles Joshua Chaplin (1825-1891)
Les bulles de savon(Blowing Bubbles)
Instant de silence
posted by zola at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

『版画家 林由紀子個展 ペルセポネーの花と闇』

hayashihanatoyami03a.JPG
版画家の林由紀子さんから、DMを頂きましたので、
ご紹介致します。

ペルセポネーの花と闇 林由紀子展

2014年9月2日(火)〜14日(日)
11:00〜19:00 日曜は17:00迄 月曜休
作家在廊日 9月2日(火)・9月14日(日)

現世を謳歌する 芍薬・アイリス・薔薇・オレンジ・ジャスミンに包まれた
ペルセポネー。その瞳は冥界の闇を見つめる。

Yukiko Hayashi 1958年東京生まれ 坂東壮一氏に師事。
          エングレーヴィング技法を追求 
          画集「プシュケの震える翅」出版
          個展・静岡、東京、大阪、上海

林由紀子さんのtwitter
https://twitter.com/PsycheYukiko

Yart Gallery
ワイアートギャラリー
〒530-0027
大阪市北区堂山町15-17ACTV-1F
tel/06-6311-5380 fax/06-6311-5388
URL:http://www.yart-gallery.co.jp/

Access
◆各線梅田駅より徒歩10分
◆堂山交差点を東へ、一つ目信号南側

(詳細は上記ギャラリーにお問い合わせ下さい)
posted by zola at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『人形作家・版画家 中嶋清八出品 「人形偏愛主義 ヒトガタへの受胎告知」』

hitogatabunkamura010a.JPG
人形作家・版画家である、中嶋清八さんから
DMを頂いたので掲載を致します。

人形偏愛主義
ヒトガタへの受胎告知
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/140809_ningyo.html

会期
2014年8月9日(土)〜8月17日(日)

現代の人形作家を代表する 30余名による生のカタチ

今展では、球体関節人形、フィギュアやぬいぐるみなど人形という媒体を駆使した表現を
追求し、セラミックやレジン、ビスクなど表現用途に応じた素材を使い分け、
どの角度から見ても唯一無二の世界観を持つ作家30余名が集まります。
それらは、無垢な少女として、傷を持ったクマの姿として…現代のリアルな心象を訴えます。
生々しいほどの耽美で聖なる領域へとお越し下さい。

参加作家
東逸子、天野可淡、愛実、亜由美、石山ヒロ子、O's、オカムラノリコ、亀井潤、菊地拓史
木村龍、甲秀樹、桜文鳥、佐藤久雄、清水真理、神宮字光、高田美苗、橘明、高橋竜男
土井典、中嶋清八、長尾都樹美、Dollhouse Noah、林美登利、hippie coco、ホシノリコ
本城光太郎、宮崎郁子、森馨、山吉由利子、四谷シモン ほか

会場
Bunkamura Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1(東急本店横)
Bunkamura 1F メインロビーフロア
お問い合わせ:03-3477-9174
営業時間10:00〜19:30 入場無料・会期中無休
http://www.bunkamura.co.jp

中嶋さんは新作の少年の人形を一点、出品です。

(詳細は下記の中嶋清八さんのブログ、
或いは上記のギャラリーまでお問い合わせ下さい)

中嶋清八さんのブログ
http://53435481.at.webry.info/

中嶋清八さんのtwitter.
https://twitter.com/SeihachiN

中嶋さんのプロフィールと今までの主な発表履歴です。
http://53435481.at.webry.info/profile.html
posted by zola at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする