2017年12月05日

中嶋清八出品『ジェオグラフィカ人形展』

201712geographicanakashima010.jpg
201712geographicanakashima020.jpg
人形作家の中嶋清八さんから
メールを頂いたので掲載を致します。

中嶋清八さんのブログ
http://53435481.at.webry.info/

中嶋清八さんのtwitter.
https://twitter.com/SeihachiN

中嶋さんのプロフィールと今までの主な発表履歴です。
http://53435481.at.webry.info/profile.html

ジェオグラフィカにて開かれる人形グループ展に
新作人形を一点出品します。

GEOGRAPHICA DOLL EXHIBITIONVol.Y
ジェオグラフィカ人形
「Victorian Romance 」
会期:2017年12月9日(土)〜25日(月)
場所:東京都目黒区中町1丁目25-20
ジェオグラフィカ
http://geographica.jp/
時間:11時〜8時まで

少し駅から遠い場所にあるアンティークショップです。
最寄駅は東急東横線 学芸大学駅 徒歩約15分。
JR目黒駅からバスで目黒消防署下車 徒歩約1分がお勧めです。
車の方は建物横にお客様用駐車場(5台)があります。
 
アクセス
http://geographica.jp/access/

-人形作品販売について-
http://geographica.jp/news/IF000164

出展作家(50音順・敬称略)

DOLLS
秋山まほこ・因間りか・Os・小畑すみれ
佐伯祐子・Sayuri・友重のりこ・中嶋清八
Naruto・陽月・太山レミ・ホシノリコ
丸美鈴・三浦悦子・水澄美恵子・山吉由利子

OTHERS
山本じん(絵画)・山本裕子(服飾/絵画)
Lhiannan:Shee(アクセサリー)11月18日〜
金子國義(絵画)11月18日〜

ANTIQUES
椎名黎衣子(フランスアンティークドール・レース)
Victorian Box(アンティークジュエリー)常設
メルキュール骨董店(西洋アンティーク・ブロカント)11月18日〜

新作人形一点で参加します。
テーマが「ヴィクトリアン」テーマカラーが「ガーネット」
とのことでしたから、赤いヴィクトリア風のドレスを
着た少女人形を作りました。

人形サイズ:約90cm
タイトル:「赤いドレスの少女」
制作年:2017年
素材:石粉粘土、胡粉、顔料、ガラス眼、人毛
球体関節人形です。
腹部にも関節があります。
*スタンドは付属しません
(ポストカードの販売も予定しています)

クリスマスまで展示しています。
広い店内にアンティーク家具や雑貨と一緒に人形が展示されます。
どうぞゆっくりとご覧になってください。
よろしくお願いします。

詳細は以下の中嶋さんのブログページでご覧ください。
http://53435481.at.webry.info/201711/article_1.html
posted by zola at 23:06| Comment(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵画 『Jacques-Louis David「Portrait de madame de Verninac」』

1799Portrait-de-madame-de-Verninac010.jpg
フランスの画家
Jacques-Louis David(1748-1825)

Portrait de madame de Verninac(1799)
posted by zola at 22:57| Comment(0) | 絵画・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

SHH! 映画 『ザ・ブラザーズ・グリムズビー』

2016TheBrothers Grimsby010.jpg
2016年アメリカ制作。83分。
(原題 The Brothers Grimsby)

とにかくモミアゲが長い。無駄に長すぎる。
妙に長い。ヒゲを伸ばせば、完璧にヒゲとモミアゲが
つながってしまうだろうなとそればかり気になってしまい、
全く映画に集中出来ずひたすら困惑した映画作品。
そればかりではなく、諜報部員の弟の邪魔は
しまくりだわ、とにかくサッカー試合が、
気になって、どうしようもない始末。
それだけならまだいいが、彼女が巨デブ過ぎる。
よく日本の女がいうポチャどころではない、
超激巨デブ!想像を超える巨デブ、人間ってここまで
太れるものなのかと感心するほどのデブ。
ジョン・ウォーターズ監督作品に出てくる、
あの「Divine」かよw。
で、弟の股間に毒矢が刺さっているから、
あの「急いで口で吸え!
(SUCK MY BALLS)」状態だわw
兄が弟の代わりに諜報部員になったのはいいが
服は合ってないし、ズボンは穿けてないわ、
何から何まで目立ちまくりw
それって全く諜報部員の行動じゃねーしw
で、グリーンのドレスを着た女を誘惑しろという
指令に、これも有る意味では才能とは思うが、
別人の巨デブの女と勘違いするわで、苦笑しか出ない。
どんだけ巨デブが出てくる映画なんだよw
デブ専かよwwどんだけデブ好きなんだよww
普通ホテルのメイドと客を間違えるかな??
で、銃撃を受けつつ、逃亡の際にも酒は忘れないし、
伏線があったが、象の子宮に隠れるわで、そこで
これが来るとは全く予想外だったw
「NO!NO!OK」か。誰でもそう思うわな。
弟のビジネス場面と兄のコメディ場面のメリハリがあり、
丁度いい感じに思う。兎に角、書き切れない程にツッコミどころ
満載のお薦めの超下品なコメディ映画。

The Brothers Grimsby -
Official Trailer (HD)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/_YtclB_02wA

The Brothers Grimsby Official International Trailer #2
(2016) - Rebel Wilson, Mark Strong Comedy HD
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/1pjwDOVQQjo

Grimsby - Meet Nobby's Family Featurette -
Starring Sacha Baron Cohen - At Cinemas February 24
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/qIa-2qQxubM
posted by zola at 23:37| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『籠の中の乙女』

2009DOGTOOTH010.jpg
カンヌ国際映画祭「ある視点」
部門グランプリ受賞

2009年ギリシャ制作。96分
(原題 DOGTOOTH/KYNODONTAS)

熱湯に指をつけて一番我慢が出来た人が
勝ちってギリシャ版根性焼きかよ。
誰得?人生で意味があるのか?
意味がないチキンレースじゃないか?
息子のナニの相手に女が来るが、
外人の年はよくわからないが、
BBAじゃないのか?余裕でBBAに見える。
息子の年はわからんが、
BBAが金を払うレベルじゃないのか?
息子の母親とたいした年の差がないように見える。
キスも前戯もせず、そのまま挿入なのか?
ムードもないな、ただの作業に見える。
息子はそれでOKなのか?
女なら何でもいいのか?
もっと若くて可愛いという選択肢はなかったのか?
2人の娘もそうだが、イケメンだな。
やはり世界一可愛い女は日本の女だな。
欧米の女でも前髪でもつくればいいとは思うが、
前髪という概念はなく、セクシー路線だな。
欧米の観点からすれば日本の男女の美意識は
女らしい男(中性)と女らしい女(若くカワイイ)。
日本の観点から言えば、欧米の男女の美意識は
男らしい男(マッチョ)と男らしい女(セクシー)。
両親の夫婦生活シーンは要らないと思う。
一体誰得なんだろう?
情報遮断&嘘を教えるという点でカルト宗教を思わせた。
まさか父親がビデオテープで突然娘をタコ殴りに
するとは思わなかった。意表をついた。
それだけならまだいいが、警備員女を突然今度は
ビデオデッキで殴るのも意表をついた。
楢山節考のように娘が歯を折るシーンが痛々しい。

Dogtooth (Official Trailer)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/kuyFxZ5OHIM
posted by zola at 23:29| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リドリー・スコット監督作品 映画『悪の法則』

2013thecounselor010.jpg

もう一つの「ノーカントリー」

2013年アメリカ・イギリス制作。117分。
(原題 The Counselor)

サイトで本映画の評を見ると意味が判らない、
判りづらいという意見があり、驚く。
あの最難解SF映画の「プライマー」や
邦画「桐島、部活やめるってよ」に比べれば、
実に判りやすい映画だなと個人的には思ったし、
欲により、破滅していく姿を描き、
また踏み込んでいけない世界、
対話も道理も情も法も正義も通じないという世界を描いていて、
映画「ノーカントリー」のように一種の寓話とも言えると思う。
寓話だから、有る意味部分的なリアリティもなく具体性もない)
長い映画だとは思うが、登場人物の描写、セリフなど、
深みがあり、全く退屈しなかった。個人的には満足。
向き不向きがあると思う。

The Counsellor | Official Trailer #1 HD | 2013
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/6ML50I0mVHY
posted by zola at 23:20| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリル満点  映画『ザ・ウォーク』

2015thewalk010.jpg

2015年アメリカ制作。123分。
(原題 The Walk)

1974年8月7日にニューヨークのWTCの2つのタワーの間の
綱渡りに成功した、フランスのフィリップ・プティの
映画である。本人は現在も存命であり、
また本映画でも回想シーンがあり、絶対生存すると言う
事が予めに判ってはいるのだが、綱渡りのシーンでは
ドキドキしっぱなしであった。良く出来たものだと感心した。
映画なので事実とは異なる点もあるかとは思うが、
釘で足を刺すシーンがある。私も子供の頃に同じ経験をした。
あんな感じに木材に釘が刺さっており、それを踏んだ。
それは言葉では表現不可能な程の*激痛で、
今でも決して忘れる事は出来ない程だ。
言葉では表現出来ないということは、
同じ経験をした者しか決して判らないだろう。
足を怪我し、また本映画ではフィリップは寝ている
シーンは無いので、不眠だろうし、最悪の体調、
それに映画(リアルでも)には有りがちというか、
衣装を落としてしまうし。(8月とも言えども高所なら
寒いに違いないし、また風もある)
以前、本ブログでも紹介した、映画「127時間」でも
思った事だが、ナイフを落としてしまう・・・。
私なら、紐をつけるとかするんだが・・・。
まあ、それは置いておいても、実にスリリングで、
正に手に汗を握る映画。

*激痛と言えば、ブログに腕を切断されるか、
今ここで死ぬか、どっちかを選べ
『シエラレオネの衝撃』を掲載してからというもの、
毎日欠かさず1年365日アクセスが有る。
色んな単語で検索してくるし、
またサイト経由でアクセスが有る。
「手、足の切断、痛み」等という
単語で検索してくるのも多いが、この検索の意味は
一体何だろうかと思わざるを得ない。
それは痛いか痛くないで言えば、
結論としては「痛い」に決まっているし、
また、その痛さは(過去にニュースにもなったが、
バイクで足を切断して気が付かない等の事例は例外としても)
ただの痛さではなく、(外科手術時に麻酔をしてからの切断は
別として)耐え難い「激痛」だと想像は出来るはずだが。

私が一番興味を持っているのは人間であり、その人間の考え、
行動である、それはすなわち「人間」とは何かであるという
事である。検索の事例を鑑みても、多種多様な人間が、
日本に、または世界に居るもんだなと検索を見て、いつも思う。
同じ人間など、この世の中に人類が誕生してから一人として
存在せず、また未来永劫存在し得ないものである。
私が思うに、この世で絶対的なものは「死(老化・時間)」であり、
また、それに、もう一つ加えるとすれば、それは「同じ人間」は
絶対存在し得ないという事である。双子は似ているとは
よく言われるが、似ていると言っても、所詮は同一の人間ではない。
人間とは何て興味深いものだろうかと私はいつも思う。
我が人生を、今、何ぞやと総括するならば、
「文学」「美術」「歴史」「映画」「音楽」等を通し、
またリアルで人間とは何かを探求、追及したものであると
思わざるを得ない。
posted by zola at 22:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

1987年夏、男子中学臭えの青春映画『14の夜』

201614noyoru010.jpg
自分の自転車で走り出す14の夜

何でAV女優のパイオツをもんだり、
吸ったり出来ると確定なんだろうか。
その前提で話が進んでいく(謎すぎて困惑)
懐かしいものばかりテンコ盛りの性春映画。
まだインターネットもレンタルDVDもなく、
携帯もペットボトルもない旧世界、レトロ昭和の世界。
主人公が「北の国から」の純君系少年のタカシが主人公。
男子向け自転車。レンタルビデオ屋。
水野晴郎(はるおじゃなく、「はるろう」だからな)
昭和の扇風機。元祖意識高い系襟立てシャツ。
夏になると量産体制にはいる麦茶の入った容器。
たかしのチャンネーの松田聖子系ショートカット。
昭和スクーター。妙に色っぽいキーヤンのチャンネー
(唾をたらしてタバコを消す)
マジソンスクエアーガーデンのスポーツバック。
エチケットブラシ。ファミコン。ジャッキーチェン。
光GENJI。吉川晃司・・・。

こんな綺麗なチャンネーがすっぽんぽんという意味は
今まで裸になるのはグロBBAしかいなかったという意味で、
この頃から綺麗なチャンネーが脱ぎ出したという意味。
ちなみにこのエロ本特有のポエムは編集の小汚いオヤジ
とかGGEが書いているからな。写真の本人は書いてないからな。
つーか中学臭えから見れば、AV女優なんて
すげえ年上だろう。ビデオ屋の女にしても
中学臭えから見れば母親と変らん感覚。
人によるんだろうけど、今、俺が中学臭えなら無理。
確かに中学臭えの頃はもうやった奴(非DT)は
ノーベル賞受賞とか宝くじで1億円当るほど羨ましい存在。
しかしケメ子は強烈なキャラだな

映画『14の夜』 予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/xEvRhQJ7y0c
posted by zola at 23:37| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

indie rock band Biting Elbows 『Bad Motherfucker』

BitingElbows010.jpg
以前、本プログでも紹介した映画「ハードコア・ヘンリー」の
監督Ilya NaishullerのバンドBiting Elbowsの
MV「Bad Motherfucker」を紹介。

Biting Elbows - 'Bad Motherfucker'
Official Music Video
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/Rgox84KE7iY

ロシアのIlya Naishuller監督つながりでもう一つ。
このThe WeekndのMV「False Alarm」も
Ilya Naishuller監督作品。
FPSゲームのPAYDAY2を思わせる。

The Weeknd - False Alarm
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/CW5oGRx9CLM

PAYDAY 2: Hardcore Henry Packs Trailer
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/F6Xuk_cieHQ
posted by zola at 23:22| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔たまに聞いていたPolish Rap 『Bujak』

PolishRapBujak010.jpg
Bujak - HUSARIA (Official video) [HD]
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/J0GMsvwtyfs
posted by zola at 22:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【色即是空】『YO!GGEなら般若心経聞きまくりだよな』【空即是色】

ギャーテーギャーテーハーラーギャーテー
ハラソーギャーテーボージーソワカ(意味深なラップ風)

オヤジは既に卒業した訳だが。
ゲームで言えばジョブチェンジつーか、
オヤジから、進級つーか進化してGGEになった訳だが。
これで人類つーか男の最終形態のGGEに変貌した訳だが。
別に属性が変わっただけで特に変化なんか感じない訳だが。
つーかGGE(OYAJI)でも年齢幅が広すぎな訳だが。
GGEと化した今、確かにGGE時代って妙に長い。
どんだけ長いんだよって言いたいわ。
まだまだGGE化したばかりでGGE歴何十年にもなる
ベテランGGEつーか熟練GGEつーか、
年季が入ったプロGGEにしてみれば、まだまだ新米新人の
ペーペーの出来立てホヤホヤホッカホッカGGEに
なりたてまくりなんだが。
さてどうすれば、いっちょまえつーか、
ベテランGGEというか、GGE界の重鎮つーか大御所つーか、
RPGで言うラスボス的存在みたいな、動かざること山の如しみたいな
GGEの風格つーようなものをもてるのかと。
つーか書道柔道剣道弓道茶道華道があると同様に
爺道もあると思うんだが、GGEの道をどう歩んで行けばいいのか?
即身仏のような最終解脱を目指すみたいにGGEマスターつーか
GGEマイスターつーかGGEマエストロつーか
太鼓の達人ばりにGGEの達人をとりま何気に目指したい。
教師生活25年という名言があるが、
修行の人気スポットインドの山奥で苦節25年考えた末
GGEと言えばやっぱ線香臭い&念仏だよな。(或いはド演歌だが)
つーわけで念仏と言えば王道定番の「般若心経」を
最近GGEの嗜みとして、とりま何気に聞いているわけだが。

般若心経RAP / AMIDA
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/aV6VyvAHOdg

般若心経 ラップ 現代語訳 【リュウイチ】
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/gSdwx9KZOwg

般若心経(現代語訳)
超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ
もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。
この世は空しいモンだ、
痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。
この世は変わり行くモンだ。
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。
この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。
見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。
味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。
揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。
先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。
正しく生きるのは確かに難しいかもな。
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。
菩薩として生きるコツがあるんだ、
苦しんで生きる必要なんてねえよ。
愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。
勘違いするなよ。
非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな、
それができりゃ涅槃はどこにだってある。
生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。
この般若を覚えとけ。短い言葉だ。
意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。
嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、
そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。
気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。
いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?
『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、
全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』
心配すんな。大丈夫だ。

*多くの日本人は意識していないが、殆どが仏教徒と神道である。
大抵の人は初詣にも先祖の墓参りにも行き、また正月休みや
盆休みもあり、家には仏壇や神棚があり、葬式には僧侶を呼び、
また仏には戒名をつける。日本人の生活に余りにも密着しすぎて、
ただ自覚がないだけの話。日本には多くの宗教由来の年中行事があり、
多くの人が宗教とは思わず、行っている。
ただ他宗教よりも教義などの縛りがない(世界でも稀な)
極めて柔軟な宗教観である為、日本人は無自覚なだけである。
どんなに過疎の限界集落でさえも、また大都会であっても
神社仏閣がない所は日本にはない。
日本の宗教観と対極(真逆)なのはイスラム教である。
posted by zola at 22:43| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする