2016年04月10日

ホラー映画 『肉』

2013WeAreWhatWeAre010a.jpg
2013年アメリカ制作。
(原題 We Are What We Are)105分。

母親が雨の日に買い物に行き、
不慮の事故によって死ぬ場面は
リアリティがあった。掴みは充分。
どうやら先祖代々人肉食を行う
一家らしいというところが
段々と判ってくる。
と言っても以前、本ブログで
紹介した映画「悪魔のいけにえ」
みたいなものでは無く、
見た目は極普通の信心深い一家である。
一家の先祖が人肉により、
生き延びる事が出来た為に、
今でも、この一家は伝統的な儀式として
人肉を食しているという背景がある。
見どころはラストシーン位なもので、
ありがちな映画と言える。
淡々と静かに進行していく映画であり、
もう構成をもっと捻ってくれれば、
更に良い出来になったかも知れない。
何だが印象に残らない映画になって
しまっている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック