2020年05月10日

四面楚歌 映画『ベルファスト71』

2014-71-010.jpg
2014年イギリス制作。99分。
(原題 '71)

IRAや北アイルランド問題を背景に、
敵地に取り残された若きイギリス軍兵士の
悪夢の一夜を描いたサバイバルスリラー。
1971年、イギリス軍の新兵ゲイリーが着任した
北アイルランドのベルファストは、
半世紀に及ぶプロテスタント系住民と
カトリック系住民による紛争が激化し、
かつてない緊張状態にあった。
パトロールの最中に争いに巻き込まれ、
敵対派の少年に銃を盗まれたゲイリーは、
少年の後を追い、たった一人で敵の
テリトリーに紛れ込んでしまう。主演は
「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」で
ハリウッド映画デビューを果たした
ジャック・オコンネル。
(映画紹介文より抜粋)
アイルランド側に残されたイギリス軍兵士
の脱出劇を描いた映画。
UKはイングランドとスコットランドと
ウェールズと北アイルランドが集まった国だが、
アイルランドとイングランドの軋轢がある。
北アイルランド問題があり、今は小康状態。
若干ダラダラするシーンがあるが、
緊張感があった。

映画『ベルファスト71』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/GnQihgGx2yI
posted by zola at 11:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

映画 『偶然にも最悪な少年』

2003guuzennimosaiakunasho010.jpg
2003年日本制作。113分。

在日韓国人少年とその仲間たちが、
場当たり的な犯罪を繰り返しながらも、
旅を通して人生にポジティヴになっていく
姿を描いた青春ドラマ。
監督は、CMディレクターとして活躍を続け、
本作が劇映画初監督となるグ・スーヨン。
グ監督による同名小説を基に、
グ監督の実弟である具光然が脚色。
撮影を無州英行が担当している。
主演は「T.R.Y.」の市原隼人と
映画初出演の中島美嘉。
(映画紹介文より抜粋)

自主映画みたいな雰囲気の映画。
途中からロードムービーになる。
若い頃の蒼井優が出演している。
蒼井優みたいなタイプは結構好き。
中島美嘉が出ているけど、
その固定されたイメージは変化がない。

偶然にも最悪な少年(予告編)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/jo7AThNskQQ

挿入歌だが、ノリが良い。
GICODE - ONE
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/SJcpD4MFPGg
posted by zola at 23:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

映画 『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』

2018JohnnyEnglishStrikesAgain010.jpg
2018年イギリス制作。89分
(原題 Johnny English Strikes Again)

「Mr.ビーン」で世界的に知られるイギリスの
人気コメディアン、ローワン・アトキンソン
主演によるスパイアクションコメディ
「ジョニー・イングリッシュ」の7年ぶりと
なるシリーズ第3作。大規模なサイバー攻撃に
よってイギリスの諜報機関「MI7」の現役
スパイたちの情報が漏洩してしまい、
残された最後の頼みの綱として、隠居状態
だったジョニー・イングリッシュが呼び出される。
早速、事件を裏で操るハッカーを見つけだそうと
任務に就くジョニーだったが、限られたスキル
しかなく、アナログ人間な彼にとって、
最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。
アトキンソンが「007」のジェームズ・ボンドを
彷彿させるが、時代遅れで変なおじさんの
ジョニー・イングリッシュに扮したほか、
「007 慰めの報酬」でボンドガールを
務めたオルガ・キュリレンコ、
イギリスの名女優エマ・トンプソンらが共演した。
(映画紹介文より抜粋)

ローワン・アトキンソン主演のコメディ映画だが、
まあまあ見られた。ローワン・アトキンソンは
やはりMr.ビーンシリーズが個人的にはベストだとは思う。

Johnny English Strikes Again
- Official Trailer (HD) -
In Theaters October 26
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/-Qv6p6pTz5I
posted by zola at 23:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『ちいさな独裁者』

2017DerHauptmann010.jpg
2017年ドイツ・フランス・ポーランド制作。
119分。(原題 Der Hauptmann)

「RED レッド」や「ダイバージェント」シリーズ
などハリウッドで活躍するロベルト・シュベンケ監督
が母国ドイツでメガホンをとり、第2次世界大戦末期に
起きた実話をもとに描いたサスペンスドラマ。
1945年4月。敗色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が
続発していた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、
偶然拾った軍服を身にまとって大尉に成りすまし、
道中出会った兵士たちを言葉巧みに騙して服従させていく。
権力の味を知ったヘロルトは傲慢な振る舞いを
エスカレートさせ、ついには大量殺戮へと
暴走しはじめるが……。
出演は「まともな男」のマックス・フーバッヒャー、
「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ、
「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリング。
(映画紹介文より抜粋)

WW2の旧日本軍でも混乱した戦場では階級の成りすましが
あったという・・・その記録や手記が沢山残されている。
この映画は「エムスラントの処刑人(Der Henker vom Emsland)」
と呼ばれた、ヴィリー・ヘロルトを主人公にしている。
この映画を見るまでこのような事件があったことを知らなかった。

映画『ちいさな独裁者』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/93A6b4phGMY

DER HAUPTMANN Clip & Trailer
German Deutsch (2018) Exklusiv
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/Dixnz-1YPEE
posted by zola at 22:37| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年に起きた事件の実写映画化 邦画「愛の病」

2017ainoyamai010.jpg
わたしは町で一番イケていると言われた女〜♪

2017年日本制作。96分。

出会い系サイトで知り合った男をだまして大金を
貢がせ、男たちに強盗殺人をするように
仕向けた女が、1人を殺害、1人に重傷を
負わせた2002年の「和歌山出会い系サイト
強盗殺傷事件」をベースに描いた官能サスペンス。
生活費を稼ぐために出会い系サイトのサクラとして働く
エミコは、彼女に入れ込んだ工員の真之助に
「私はヤクザの組長の娘。組長に結婚を
認めてもらうには組への登録料が必要」などと
嘘をついて、大金を貢がせていた。ある日、
解体作業員のアキラと出会い一目ぼれしたエミコは
アキラとデートを重ねる。
しかし、重度の障害を持ったアキラの姉・香澄の存在を
疎ましく思ったエミコは、香澄を殺してしまいたいという
衝動にかられ、真之助に連絡を入れる。主人公のエミコ役
を本作が初主演となる瀬戸さおりが演じ、岡山天音、
八木将康、山田真歩、佐々木心音、藤田朋子らが
脇を固める。監督は「女の穴」「スキマスキ」の吉田浩太。
(映画紹介文より抜粋)

和歌山と言えばあのカレー事件で有名だが、
蓮っ葉な関西弁が似合う映画
絵に描いたような幸薄の女
絵に描いたようなガテン系の男
絵に描いたような冴えない男
絵に描いたようなDQNな元夫
同じレベルの者同士しか友達にも恋人にも
結婚相手にもならない法則を
見事に具現化して見せつけた映画。
殺された車椅子の姉だけはまともに感じた。
女はまともではないのを察知したのだろう。
「お願いします、弟に近づかんといてください」と言う。
配役がとてもいい。正に完璧。
演技もいい正に完璧。
小鉄の声がどう考えても女の声にしか聞こえないのだが、
耳でも悪いのだろうか?
無駄に多い迫真でリアリティあふれる子作りシーンが
満載で、どこまでもリアリティを追求した作品。
実際に起きた事件を間近で見ているような臨場感がある。

「愛の病」予告
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/OrbozRV8jB0
posted by zola at 22:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

子供達の逃避行 映画『少女ファニーと運命の旅』

2016LevoyagedeFanny010.jpg
2016LevoyagedeFanny020.jpg
2016年フランス・ベルギー制作。96分。
(原題 Le voyage de Fanny)

ナチスドイツ支配下のフランスからスイスへ、
子どもたちだけで旅を続けたユダヤ人の
少女の実話を映画化したヒューマンドラマ。
1943年、ナチスドイツの脅威がヨーロッパへ
広がり、フランスも支配下に置かれた。
13歳のユダヤ人の少女ファニーは、
幼い2人の妹とともに児童施設に匿われていたが、
密告者によって存在が暴かれてしまい、
別の施設に移動することに。
しかし、ドイツ兵の厳しい取り締まりのため、
移動中に引率者とはぐれてしまう。
見知らぬ駅に取り残された9人の子どもたちは、
ファニーをリーダー役に、一路スイスを目指して
子どもたちだけで移動を開始するが……。
実在の女性ファニー・ベン=アミの自伝を原作に、
フランスの名匠ジャック・ドワイヨンを
父に持つローラ・ドワイヨン監督が手がけた。
(映画紹介文より抜粋)

ユダヤ人がドイツ占領下の欧州から逃亡する物語は
数多くあるが、本映画も実話を元にした物語。
フランスでもこのようなユダヤ迫害をテーマにした映画は
これまで作られてきた。
この映画では描かれることがない、また出来ないような
ことも実際の逃亡中にファニー・ベン=アミたちは
経験したのだとは思う。
途中殆どダレこともなく、さくさくと進む。
こんなことが昔世界であったのだということが
戦争を知らない私たちに教えてくれる映画の一つ。

『少女ファニーと運命の旅』
実在のファニーのインタビュー付き特別動画
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/FV0bcVsO0bo

Le voyage de Fanny Bande annonce VF
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/MjbNS9vkPIk

Fanny Ben-Ami Visits the Set
of "Fanny's Journey"
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/I_3DsMP5HUE
posted by zola at 23:33| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春H第27弾 邦画「星の長い一日」

2013hoshinonagaiichinichi010.jpg
近藤を迎えに行って来い

2013年日本制作。86分。

青春や性をテーマに、さまざまな監督が
独自の個性で作品を発表する「青春H」
シリーズの27作目。「苦役列車」脚本や、
「ゴーストキス」「若きロッテちゃんの悩み」
で知られるいまおかしんじ監督が、15年前に
執筆したものの、過激な内容でボツになっていた
脚本を映画化にこぎつけた。
金に困っては空き巣を繰り返していた青年・星は、
一目ぼれしたコンビニ店員の良江を
レイプしてやろうと部屋に押し入るが、
良江はコンドームをつければOKという
予想外の展開に。しかし、コンドームを買うため、
いつものように空き巣に入った星は、
住人に見つかり刺されてしまう。
(映画紹介文より抜粋)

低予算だとは思うが、なかなか見れる作品。
ありえない話ではあるんだろうけど。
展開がどうなるのかと気になってしまう。
本映画で水井真希という人物を知ったが、
とてもインパクトがあり、どこか魅力的。
なかなか知られてない映画作品。

青春H第27弾【星の長い一日】予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/bF1B2PK-wH4
posted by zola at 23:22| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミックの映画化 邦画 「ヒメアノ〜ル」

2016Himeanole010.jpg
めんどくさいから殺していい?

2016年日本制作。99分。

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実に
よる同名コミックを、「V6」の森田剛主演で
実写映画化。森田が、次々と殺人を重ねていく
主人公の快楽殺人犯・森田正一役を演じ、
「純喫茶磯辺」「銀の匙 Silver Spoon」などを
手がけた吉田恵輔監督がメガホンをとった。
平凡な毎日に焦りを感じながら、
ビルの清掃のパートタイマーとして働いている
岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの
店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。
ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに
遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、
ユカから彼女が森田にストーキングをされている
事実を知らされる。岡田役を濱田岳、
ユカ役を佐津川愛美、安藤役をムロツヨシが
それぞれ演じる。
(映画紹介文より抜粋)

漫画が原作らしいが、未読。光と陰。二部構成。
前半はラブコメ風味だが、後半になるとガラリを
雰囲気が変わる。森田剛がなかなかの役者ぶりを見せる。

V6森田剛主演『ヒメアノ〜ル』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/bFgLQGyKn9I
posted by zola at 23:12| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実話を元に映画化 邦画『全員死刑』

2017zeninshikei010.jpg
2017年日本制作。98分。

本物の不良少年たちを起用して描いた
「孤高の遠吠」で注目された小林勇貴監督の
商業映画デビュー作で、2004年に福岡県大牟田市
で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が
下った強盗殺人死体遺棄事件を映画化。
死刑囚として獄中にいる次男の手記を
ベースにした「我が一家全員死刑」を原作に、
未だその真相が解明されていない凶悪事件が描かれる。
借金を抱え、困窮した生活を送っていた4人の家族。
近所の資産家一家が脱税で蓄財していることを
知った彼らは、資産家一家の金を強奪する計画
を企てる。無謀な計画から1人が殺害されたことを
きっかけに家族はさらに暴走。最終的に4人を
殺害するまでエスカレートしていく。
主人公の次男タカノリ役を「帝一の國」
「トリガール!」の間宮祥太朗が演じるほか、
長男役を毎熊克哉、両親役を六平直政、
入絵加奈子、タカノリの恋人役を
清水葉月がそれぞれ演じる。
(映画紹介文より抜粋)

毎熊克哉はいかにも適役、間宮祥太朗は
犯人役としてはなんかイケメンすぎる
ような気がしないでもない。
映画としてはあんまりダレることもなく、
よくまとまっているように感じた。
園子温臭というかインディーズ臭を感じた。
事件を忠実に再現したものではないが、
こんな感じの出来事が起きたのだと思えば吉。

大牟田一家4人殺害事件に基づく
間宮祥太朗の映画初主演作
『全員死刑』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/FO_bPqrtchQ

入れ墨姿の間宮祥太朗が恐ろしい…
『全員死刑』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/DN5ZSn-TCBI
posted by zola at 22:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

天使と小悪魔 加奈子の世界 邦画『渇き。』

2014kawaki010.jpg
2014kawaki020.jpg
父親の知らない娘の「小悪魔さ」と「闇」

あなたは墓場まで持っていく秘密を持っていますか?

2014年日本制作。118分。

「告白」の中島哲也監督が同作以来4年ぶりに手がけた
長編作品で、第3回「このミステリーがすごい!」
大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」を
映画化。妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も
失った元刑事の藤島昭和は、別れた元妻の桐子から
娘の加奈子が失踪したと知らされ、その行方を追う。
容姿端麗な優等生で、学校ではマドンナ的存在のはずの
加奈子だったが、その交友関係をたどるうちに、
これまで知らなかった人物像が次々と浮かび上がってくる。
娘の本当の姿を知れば知るほどに、昭和は激情に駆られ、
次第に暴走。その行く先々は血で彩られていく。
ろくでなしの元刑事・昭和役で役所広司を主演に迎え、
娘・加奈子役には新人・小松菜奈を抜擢。妻夫木聡、
二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀ら
実力派が共演する。
(映画紹介文より抜粋)

加奈子を演じる小松菜奈の魅力一杯の映画。
配役が適役と感じた。
どの役者もその人物になりきっている。
邦画にしてもなかなかの良作に感じた。
邦画もやろうと思えば、こんな作品も
作れるんだなと感じた。
小松菜奈は映画「溺れるナイフ」で知った。
小松菜奈は好みの顔立ち。
小説の映画化作品らしいが、原作は未読。
この映画の世界はまるであの馳星周の世界観。
その中でも「虚の王」のようだと感じた。
馳星周は好きな作家だが、彼の作品は殆どが
映画化されてないのが残念。
しかし、彼の作品の映画化及び世界観の
完璧な映像化は不可能だろう。

映画『渇き。』激ヤバ映像
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/uh2mr3zoSCA

映画『渇き。』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/gE5Rbj7L8Ng

The World of Kanako Official Trailer 1 (2015)
- Koji Yakusho, Nana Komatsu Movie HD
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/He0oQJC9pzQ

The World Of Kanako (Trailer, deutschsprachig)
- Tetsuya NAKASHIMA mit Koji Yakusho
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/yXzZTjvXr3Q

EL MUNDO DE KANAKO de Tetsuya Nakashima
(Trailer espanol)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/YMOhugu-AM4
posted by zola at 22:20| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥田庸介監督作品。映画『クズとブスとゲス』

2015kuzutobusutogesu010.jpg
2015年日本制作。141分。

自主制作映画「青春墓場」3部作が高く評価され、
「東京プレイボーイクラブ」で商業映画デビューを
飾った奥田庸介監督が、社会適応力ゼロな人間たちが
繰り広げる血と暴力と涙の物語を、自ら主演を務めて描いた。
見知らぬ女性を拉致監禁し、裸の写真をネタにゆすりで
生計を立てるスキンヘッドの男。
男はヤクザの下で働く商売女を毒牙にかけてしまい、
逆にヤクザから恐喝されるハメになる。
麻薬の売人から足を洗いながらも職が見つからず、
恋人の誕生日プレゼントを買う金ほしさに、
また売人の道へ足を踏み入れるリーゼントの男。
男からのプレゼントに恋人は喜ぶが、
それが売人で得た金と知り大喧嘩となる。
1人バーで心の傷を癒す女にスキンヘッドの男が近づき、
いつものように女を罠にかけ、
女は金のためにデリヘル嬢として客を取るようになる。
(映画紹介文より抜粋)

スキンヘッドの男を奥田庸介監督が自ら演じる。
奥田庸介監督の迫真の演技があり、リアリティがあり
素晴らしい。まさに適役。
スキンヘッドの男の一つ一つの言い方がすごい
嫌悪感があり、ひたすらねちっこい。
ヤクザ役の芦川誠の言い方もひたすらねちっこく適役。
奥田庸介監督も芦川誠も日頃人をよく観察してんだろうな
って思った。岩田恵里もどこにでもいそうな感じで適役。
確かにこういう人々がいそうなのリアリティを醸し出している。
本当に殴り合いをしたという記事があるように
体を張って作った映画。
今までの邦画界の既成概念を打破するような
世界観に期待したい。

映画『クズとブスとゲス』予告編
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/f-DNmQXdhws

映画「クズとブスとゲス」 予告
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/soCCndYMTpg

クズとブスとゲス 特報
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/ppagF_JnXL0
posted by zola at 22:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂人対DQNとの戦い 映画『ハングマンズノット』

2017hangmansknot010.jpg
2017年日本制作。87分。
カナザワ映画祭2017」の自主映画公募企画
「期待の新人監督」でグランプリ(新人監督賞)と
出演俳優賞をダブル受賞したほか、
「ゆうばり叛逆映画祭2018」などで上映されて話題を集めた
バイオレンスエンタテンメント。監督は京都造形芸術大学
映画学科出身で、学生自主制作のスプラッター専門映画祭
「残酷学生映画祭2016」でグランプリを受賞した経歴を
もつ阪元裕吾が務める。
コミュ障で心に闇を抱えた孤独な男・柴田と、
田舎でくすぶり暴力衝動を発散させ続けるヤンキーの
影山兄弟。出会ってはいけない2組が出会ったことから
事件が勃発し、周囲の人間を巻き込んだ情け容赦ない
殺し合いに発展していく。
(映画紹介文より抜粋)

最初から期待もせずに見たせいか、なかなか良いと感じた。
今までこんな感じの邦画がなかなか無く、新鮮味を感じた。
どこかにいそうなキャラの柴田とどこかにいそうなDQNの影山兄弟。
どっちも引くような感じでないキャラ同士の戦争が勃発する。
俳優が本当に適役だと思った。
古色蒼然たる邦画界にもこんな新風を吹き込む者が出てくるのは
良い傾向に思う。

「ハングマンズノット」予告
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/ynHhGJket3c

「ハングマンズノット」予告
【カナザワ映画祭2017期待の新人監督グランプリ】
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/HyEV-XYfEM4

ハングマンズノット 予告
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/Ts5V5uylY5Q
posted by zola at 21:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

映画『ダンケルク』

2017Dunkirk010.jpg
2017年オランダ・フランス
アメリカ・イギリス制作。106分。
(原題 Dunkirk)

「ダークナイト」「インターステラー」
のクリストファー・ノーラン監督が、
初めて実話をもとに描く戦争映画。
史上最大の救出作戦と言われる
「ダイナモ作戦」が展開された、
第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。
ポーランドを侵攻し、そこから北フランスまで
勢力を広げたドイツ軍は、戦車や航空機といった
新兵器を用いた電撃的な戦いで英仏連合軍を
フランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。
この事態に危機感を抱いたイギリス首相の
チャーチルは、ダンケルクに取り残された
兵士40万人の救出を命じ、1940年5月26日、
軍艦はもとより、民間の船舶も総動員した
ダイナモ作戦が発動。戦局は奇跡的な展開を
迎えることとなる。出演は、今作が映画デビュー作
となる新人のフィオン・ホワイトヘッドのほか、
ノーラン作品常連のトム・ハーディや
キリアン・マーフィ、「ブリッジ・オブ・スパイ」で
アカデミー助演男優賞を受賞したマーク・ライランス、
ケネス・ブラナー、「ワン・ダイレクション」の
ハリー・スタイルズらが顔をそろえた。
第90回アカデミー賞では作品賞ほか8部門で
候補にあがり、編集、音響編集、
録音の3部門で受賞している。
(映画紹介文より抜粋)

クリストファー・ノーラン監督作だけあって
期待していた。
期待していた分だけ失望は大きかった。
なんかコレジャナイ感が酷かった。
群集劇でもあって感情移入が難しい。
ただww2の時にダンケルクで大体はこんな事が
起きたのだというのを理解できたことだけ。
評価は良い悪いと二分されると思うが、
私は良い評価はつけることが出来ない。
手に汗を握るような見せ場がないように感じる。
なんだか印象に残らない映画だと個人的には思う。

DUNKIRK - OFFICIAL MAIN TRAILER [HD]
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/T7O7BtBnsG4
posted by zola at 21:30| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』

2017Jumanji Welcome010.jpg
2017年アメリカ制作。119分。
(原題 Jumanji: Welcome to the Jungle)

1995年製作の大ヒット作「ジュマンジ」の続編で、
「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・
ジョンソンが主演を務めたアドベンチャーアクション。
高校の地下室で居残りをさせられていた4人の生徒たちは
「ジュマンジ」というソフトが入った古いテレビゲーム機を
発見する。早速そのゲームで遊ぼうとする4人だったが、
キャラクターを選択した途端にゲームの中に吸い込まれ、
各キャラクターのアバターとなって危険なジャングルの
中に放り込まれてしまう。マッチョな冒険家やぽっちゃり
オヤジなど本来の姿とかけ離れた姿に変身した彼らは、
ゲームをクリアして現実世界に戻るため、
それぞれ与えられたスキルを使って難攻不落のステージに挑む。
共演に「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの
カレン・ギラン。「バッド・ティーチャー」の
ジェイク・カスダンがメガホンをとった。
(映画紹介文より抜粋)

以前「ザスーラ」がジュマンジの続編として
公開されていたように思うが・・・。
アバターでピザデブになった人は気の毒。
まさかそうなると判っていたら、
誰もピザデブ役は選ばないわな。
「ジュマンジ」「ザスーラ」と同じような
展開で、家族で安心して見られる映画。

JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE
- Official Trailer (HD)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/2QKg5SZ_35I
posted by zola at 21:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

フランス映画「天国でまた会おう」

2017Au revoirlahaut010.jpg
(原題 Au revoir la-haut)
2017年フランス制作。117分。

第1次世界大戦後のフランスを舞台に2人の帰還兵が
企てた大胆な詐欺事件を描くクライムドラマ。
第1次世界大戦の終結目前。仏軍のプラデル中尉
からの不条理な攻撃命令に従ったエドゥアールは、
小心者の簿記係・アルベールの命を助け、
顔に重傷を負ってしまう。良家の御曹司で才能ある
アーティストであるエドゥアールは家族にも
会いたくないと戦死を偽装。
そんな彼をアルベールは手伝うことに。
戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活を
スタートさせる。
そんな折、かつて彼らの上官だったプラデルが
財を築いていたことを知った2人はある壮大な
詐欺計画を企てる。エドゥアール役を
「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・
ペレーズ・ビスカヤートが演じ、
本作の監督を務めたアルベール・
デュポンテルが相棒のアルベール役で出演。
(映画紹介文より抜粋)

ピエール・ルメートルの小説『天国でまた会おう』の
映画化作品だが、最初から期待していなかった。
特に見せ場らしいのはないが強いて言えば、
映画の冒頭のww1のシーンくらいなものか。
まさかの自殺であったが、最後にはほっこりした。
短い映画ではないので、飽きてくる人も多いと思う。

Au revoir la-haut - Bande-Annonce
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/4Lst66pETxA
posted by zola at 23:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

映画『フリー・ファイヤー』

2016freefire010.jpg
2016年フランス・イギリス制作。90分。
(原題 Free Fire)

マーティン・スコセッシ製作総指揮の下、
「ルーム」のブリー・ラーソン、
「コードネーム U.N.C.L.E.」のアーミー・ハマー、
「チャッピー」のシャルト・コプリー、
「インセプション」のキリアン・マーフィら
豪華キャストが集結したクライムアクション。
1970年代、ボストン。銃の取引のため、
寂れた倉庫に2組のギャングがやって来る。
しかし交渉はこじれ、口論の末に壮絶な銃撃戦が
幕を開ける。クセ者ぞろいの悪党たちが罵声を
放ちながら銃を撃ちまくる姿を90分間
ワンシチュエーションでハイテンションに描き、
2016年・第41回トロント国際映画祭ミッドナイト
・マッドネス部門で最高賞にあたる観客賞を受賞した。
監督は「ハイライズ」のベン・ウィートリー。
(映画紹介文より抜粋)

宣伝文句だけは威勢が良いが期待するのは禁物。
時代設定は現代ではなく、1970年代ということで、
なんか妙に地雷臭がしたが、見てみた。
銃撃戦の映画というよりは間延びしてダラダラしすぎて
もういいんじゃないかみたいな消化試合みたいな感じがしてきて、
もうさっさと終わってくれみたいな、昭和の伝説的番組
THE ガマン状態になり、最終解脱を目指す修行状態になった。
確かに面白いセリフがあることは事実だが、
それだけでは間が持たない。宣伝文に「壮絶な銃撃戦」
「銃を撃ちまくる」とあるが、そこまでは撃ちまくらない。

Free Fire | Official Red Band
Trailer HD | A24
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/oDD3I0uOlqY
posted by zola at 21:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

映画 『ザ・ブリザード』

2016TheFinestHours010.jpg

2016年アメリカ制作。118分。
(原題 The Finest Hours)

アメリカ沿岸警備隊史上もっとも偉大なミッション
として語り継がれる「SSペンドルトン号の救出劇」を
「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン主演で
映画化したパニックアクション大作。
真冬の北大西洋を史上最大級のブリザードが襲い、
巨大タンカーが遭難した。
真っ二つに裂けたタンカーに取り残された32人の生存者を
救出するため、バーニー船長率いる4人の沿岸警備隊が出動する。
定員はたったの12名という木製の小型救助艇で荒れ狂う海へと
乗り出したバーニーらは、タンカーが沈むまで約3時間という
厳しい状況の中、決死の救出に挑む。救助艇の船長バーニーを
パインが熱演し、「ミュンヘン」のエリック・バナ、
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のケイシー・アフレックらが共演。
「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」の
クレイグ・ギレスピーがメガホンをとった。
(映画紹介文より抜粋)

スリリングでなかなか良かった。迫力シーン満載の作品。
長い映画ではあったが、それを感じないほどだった。
お薦め出来る作品。
posted by zola at 22:37| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『エンド・オブ・キングダム』

2016LondonHasFallen010.jpg
2016年イギリス・アメリカ・ブルガリア制作。99分。
(原題 London Has Fallen)

米大統領専属シークレットサービスと
テロリストとの激しい攻防を、
ジェラルド・バトラー主演で描いた
アクションサスペンス
「エンド・オブ・ホワイトハウス」
の続編。物語の舞台を前作の米ホワイトハウス
から、イギリスの首都ロンドンへと移し、
テロリズムとの新たな戦いが描かれる。
ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。
イギリスの首相が不可解な死を遂げ、
ロンドンで行われる葬儀に各国首脳が
出席することに。しかし、史上まれにみる
厳戒態勢の中でも各国首脳を狙った
同時多発テロが起こってしまう。
米大統領と身辺を警護する
シークレットサービスは、
命からがらに危機から脱するのだが・・・。
(映画紹介文より抜粋)

上記の様に「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。
特にダレることもなく、サクサク物語は進行していく。
まあ及第点といったところか。暇つぶし程度には
見てもいいかなという程度。期待禁物。
posted by zola at 20:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

映画『その女諜報員 アレックス』

2015momentum010.jpg
2015年アメリカ制作。96分。
(原題 Momentum)

「007 慰めの報酬」「オブリビオン」の
オルガ・キュリレンコ主演によるアクション
サスペンス。元恋人のフラーに誘われて
銀行強盗のチームに参加した一匹狼の女性
アレックス。首尾よくダイヤを盗み出した
アレックスだったが、その晩、フラーが
何者かに襲われる。襲撃者は、
フラーとアレックスがダイヤと共に盗み出した
USBメモリーの在り処を探っていた。
フラーは殺害され、隙をついて逃げ出した
アレックスは、襲撃者たちに姿を目撃されてしまう。
フラーを殺した一味は、アメリカ上院議員の
意向を受けて動いており、
彼らはアレックスにも魔の手を伸ばしてくる。
(映画紹介文より抜粋)
ノンストップアクション映画。
邦画と違い、ダラダラしていなくて、無駄な間も
無く、サクサクと物語が進行していくのが良い。
銃撃戦、格闘戦、カーチェイスありのテンコ盛り映画。
最初から全く期待せずに見たせいか、及第点に思う。
暇つぶしに見てみると良いかも・・・。

Momentum 2015 Trailer
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/Vbr2S2o507Q
posted by zola at 21:08| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟷螂の斧 映画『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』

2016anthropoid01.jpg

2016年イギリス・フランス・チェコ制作。120分。
(原題 ANTHROPOID)

地元のレジスタンス側からすれば、
この作戦には参加したくはないな。
工作員は結局は国外に逃げるけど、
地元のレジスタンスは地元に
暗殺計画後も地元に残り続ける訳だし。
無謀な作戦とは思う。
自分なら、参加はしたくは無い。
それにしても拷問シーンは強烈だった。
下宿のおばちゃんは恐怖で失禁する程だし、
バイオリスト志望の少年はアルコールを
大量に強制的に摂取されるわ、
大切な手を潰されるわ、バケツに入った母親の首を
見せ付けられるわ、トラウマでしかない。
確かに結果的に見れば、打撃を与えた事は
事実だろうが、犠牲もまた大きい。
教会に立てこもるシーンは圧巻。
水攻めはされるわ、機関銃を猛射されるわ、
象と蟻の戦いを見るようで、
守りを破られるのも時間の問題だなと感じた。
映画の後半はハラハラの連続だった。
自決するシーンがあるが、もし生きたまま捕まれば、
自白を強要され、自白しないと激しい拷問の上に処刑。
最初からスラスラ自白しても、嘘ではないかと
疑われて、また拷問・・・で最後には処刑。
どっちにしても捕まれば処刑される。

ANTHROPOID Trailer (Cillian Murphy, Jamie Dornan
- World War II Thriller, 2016)
(記事投稿時には視聴可能)
https://youtu.be/crZT8KoKCLE
posted by zola at 20:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする