2015年04月01日

『キンチョールのCM まとめて2本紹介』

kinchol010.jpg
昔キンチョールのCMで面白いと
思ったものを一挙に2本紹介。
豊川悦司がいい味を出している。

なんでキンチョールが10万円もすんのよ
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/JDt7BSu6RC4

キンチョール どっちがええんや
(記事投稿時には視聴可能)
http://youtu.be/eVLgQ6zcuSg
posted by zola at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

『ちょっと懐かしいCM ポッキーのCM』

ayagakipockycm010.JPG
そんなに昔でもないが最近でもない、
ちょっと懐かしいCM。
新垣結衣がとても可愛い。
表情豊かで、パッと目を見開く場面が良い。
赤のワンピースとブーツのファッションも良い。
このCMは新垣結衣の存在が無ければ
成立しないと言ってもいいと思う。

新垣結衣 かわいすぎる ポッキーCM
(記事投稿時なら視聴可能)
http://youtu.be/v71J-TJw2Hk
posted by zola at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

CM 『FUJI XEROX CM』

初めて見た時、うわぁ!面白いなと感じた。
インパクトあったな。

HUMAN BEATBOX - AFRA - FUJI XEROX CM
(記事投稿時なら視聴可能)
http://www.youtube.com/watch?v=qtCjiC3cEJw
posted by zola at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

懐かしいCM  二酸化マンガン 過酸化マンガン 豊満乳『まる福茶』

marufukucha001.JPG
元は、アフリカ・ガーナ民謡だと聞いているが、
どうしても、「二酸化マンガン 過酸化マンガン 
豊満乳」と聞こえてしまう(><)
清水ゆみと井元由香による、踊りと歌で、
2003年に、サッポロ『まる福茶』のCMとして
放映されました。大変懐かしいCMです。

チェチェコリ〜チェッコリ〜ナ
(記事投稿時なら視聴可能)
http://www.youtube.com/watch?v=GXtocZEaagg

チェチェコリ〜チェッコリ〜ナその2
(記事投稿時なら視聴可能)
http://www.youtube.com/watch?v=IXMFLV57aIY
posted by zola at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

懐かしいCM 今の君はピカピカに・・・『宮崎美子 MINOLTA X-7』

minoltamiyazak001.JPG
1980年に放映された、ミノルタのCM。
とても懐かしい。当時、俺は15歳だったと思う。
このCMには俺には刺激的だったと記憶している。
(俺にとって、正に理想的な体型)
このCMを初めて見た時は、当然、宮崎美子という
名前は知らなかったように思う。
当時、相当話題になったのを今でも覚えている。
傑作CMの一つだと思う。
当時、女子中高生から女子大生、OLまで
若い女は、皆、こんな感じの髪型をしていたっけな。

しかし、こういうむっちり(ゆっさゆっさ系)は大好きだな。
やはり女はこうでなくちゃな。
ガリ系とブーデ系、どっちかを選べと言われれば、
俺はブーデ系を選ぶな。
今の大抵の女は有る意味変に洗脳されていて、
細身&ガリが異常に多くて、魅力に欠ける。
ガリは出産には適さないが、ブーデ系は出産には耐える。
リチャード・ドーキンス著の古典的な名著「利己的遺伝子」
に書かれたように、オスは自ずから、確実性を求めて、
ガリ系よりもブーデ系を選ぶ。
デブ専なる言葉を有ってもガリ専という言葉が無いように、
男から見れば、ガリ系よりも魅力的に写る。
むっちり系とかのデカイ女はやさしく包んでくれそうで、俺は好きだな。
しかし俗に”女が自ら言う”ぽっちゃりとは、決してむっちりなどの
”適度の”脂肪の付具合ではなく、”過剰に”脂肪が付き過ぎている。
たいていの男はブーデは困るが、むっちりは大好きだ。
むっちりは適度の脂肪が付いて、正に理想的な女体そのもの。
変に洗脳されたガリ系の女には想像も出来ないだろうが、
むっちり系の女の需要は相当高い。
男はいつの時代でも”むっちり女”だけを求めている。

当時の宮崎美子に代表される、むっちり女の魅力は、
やはり男女間の性差というべきものだな。
あのふくよかな腰付きがいい。
最近、「男の娘」なるものがネットでも見受けられるが、
絶対ごまかしが出来ないのは、ずばり腰、尻の大きさと
臍の位置だな。声はyoutubeでも見られるように、
男でも長年練習すれば、多少女っぽい声にはなれるが、
尻の大きさ(骨盤)と臍の位置だけは修正は不可能。

*その洗脳については、下記の本を参照の事。
「美しさという神話」リタ・フリードマン著1994年新宿書房刊行。
以前、本ブログでも記事にしたことがある。
現代社会になり、マスコミなどが提示する美しさ(細身のモデル体系)
という強迫観念(呪縛)に翻弄され続ける女を描いた本である。

(CM) 宮崎美子 ミノルタ MINOLTA X-7
(記事投稿時なら視聴可能)
http://www.youtube.com/watch?v=a-8GFhYSct0
posted by zola at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

最近、面白いと思ったCM 『KOBELCO/神戸製鋼グループCM』

kobelcocm010.JPG
KOBELCO/神戸製鋼グループCM 「喫茶店/アラナイ」篇
http://www.youtube.com/watch?v=usDcmSIkIfg
(今なら視聴可能)

確かに田中さんは、そんなにいってないわな。
こういう風に勝手に決めつけるオバちゃんはどこにでもいるよな。
田中さん、ぱっと聞いてよく意味が判ったな。
硬いイメージのメーカーだが、CMは発想が柔軟で面白い。

ちなみに神戸製鋼グループのコマーシャルは、
「2009 MADE IN OSAKA CM AWARDS」のテレビCM部門で
最優秀賞受賞を受賞しました。
posted by zola at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

小野妹子はもう女でもOK牧場 『東京ガスCM 小野妹子編』

ononoimoko001.JPG
このCM(2006年放映)は、いい意味で意表を突いた。
そうくるとは思わなかったなぁ〜
小野妹子はもう女でもいい。
小野妹子はもう女でもOK。
異存は全く無い。
小野妹子役に酒井若菜は適役で、
彼女のセリフの言い方がとてもカワイイ。
元気な女というのは大好きだ。
(カワイイ女限定だが、男がイチコロなのはやはり鼻声だな)
彼女の存在が無ければ成立しないCMだと思う。
(人選をした人物はGJ!)

CM 東京ガス 小野妹子編
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/tsfT0cpEvSQ
posted by zola at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

飛行機だけは勘弁な!面白いCM 『貴金属刑事』

kikinzokudeka010.JPG

最近、面白いCMと言えば、JEWEL CAFEのCM『貴金属刑事』です。
昔、ファンタが面白い先生シリーズを連発していましたが、
今度は、JEWEL CAFEが自社の取り扱いの商品の貴金属を
題材に『貴金属刑事』というCMを作りました。
私も今まで、こんな刑事があったらなんて、無駄な夢想した事も
度々ありますが、『貴金属刑事』は考えていませんでした。
特攻野郎Aチームの「宝石屋の見本」こと、ミスターTを彷彿させますね。
真面目に役者が演じているので、余計に面白みが増します。
お金がかかっていませんが、そこはアイデアとインパクト勝負で、
大変印象に残るCMとなりました。
まず印象つけて覚えて貰わねば、CMとして全く意味が無いので、
このCMも充分成功したと言えるでしょう。
posted by zola at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいいCM 『森永乳業 フィラデルフィア クリームチーズ』

morinagach010010a.JPG

とても気になる、かわいいCMを見つけました。
正直、お金はかかっていないCMですが、
そこはアイデア勝負で、コンセプト勝負で、
とてもかわいい、好印象のCMが出来上がりました。
天使を演じる、田中美保がとてもかわいいです。
このかわいい髪型もこのタレントによく似合っている。
天使はこの人にぴったりで、正に適役だなと思いました。
チーズは日本人には馴染み深くない食べ物で、
売り方もCMも難しいとは思いますが、
(勿論いい意味で)印象にとても残るCMだと思います。
私は子供の頃は、チーズのあの匂いで駄目で食べれませんでしたが、
今では大好きな食べ物の一つとなってます。
CMで好印象というか、いいイメージを与えるのは
簡単なことではありませんが、このCMは見事に成功しています。
森永というイメージ、チーズという食べ物のイメージを壊す事無く、
消費者にいい印象、いいイメージを与えており、
CMとしては成功したと言えるでしょう。
消費者に不快感を与えるCMは逆効果です。これは基本だと思います。
『森永乳業 フィラデルフィア クリームチーズ』のサイトを見て
思ったことですが、田中美保が演じる天使は、ソファに寄りかかっていますね。
(サイトの方もとてもかわいい作りになっています)
このポーズとてもコケテッシュで男心をくすぐります。
何がかわいいのか、何が好まれるのかをよく知っている。
(このポーズを指示した人、演出者は男心をよく理解してますね)
posted by zola at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする