2010年05月09日

TVで見たスゴイ&超美人な人 『体操選手 田中理恵』

tanakarie010.JPG
さきほど何気にTVをつけてみたら、NHK教育で、
「第64回全日本体操選手権 男女個人総合」
(5月9日(日) 15:00〜16:30)をやっていた。
体操選手と言えば、まず美人、美しい、可愛い・・・と言った
良いイメージしかない。
(音大生も音楽家も美人とか可愛い人しかいないイメージしかない)
さて、どんな可愛い選手が出来てくるんだろうかと思っていたら、
すごい美人選手が出てきた。
そのすごい美人な選手の名は田中理恵(日本体育大学・大学院生22歳)
本当にすごい美人だ。
(正統派の美女ですな。佐藤藍子&佐藤江梨子系ですな)
和歌山出身ということだが、和歌山といえば、南方熊楠のイメージしかないが、
こんな美人がテンコ盛りの地か?こんな美人しかいないところか?
日本体育大学はよく知らないが、こんな美人がテンコ盛りの大学か?
日本体育大学はこんな美人がいくらでもいる大学なのか?
それにしても体操選手といえば、かわいい&美人しかいないイメージである。
こんな逸材が世の中にまだ埋もれていたとは!おそるべし!

日本体操協会による田中理恵の公式プロフィール
http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/player/natio09w/data/09wdai_tanaka.html
(記事投稿時なら閲覧可能)
posted by zola at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

TVで見たスゴイ&超かわいい人 『一輪車の妖精 芦田真知子』

ashidamachiko030.JPG
ashidamachiko0a.JPG
さきほど何気にTVをつけてみたら、毎度おなじみの、
「超衝撃!ギネス公認世界記録!奇跡の瞬間怒濤の100連発SP」
とかいうのをフジTVでやっていた。
よくある番組で全く期待してはいなかったが、
なんとスゴいカワイイ女の子を発見。
それは、横浜在住の芦田真知子(16歳)。
TVでは一輪車で一分間に何回転出来るかに挑戦していた。
(まあ、一般人なら酔って吐くレベルである)
それはさておき、芦田真知子は相当かわいい。
TVで見た限りでは、ほのぼのしている感じである。
まさに「一輪車の妖精」というべきレベルである。
これほどカワイイ女の子はなかなか居ない。
横浜という良いイメージがあるが、
やはり、こんなかわいい女の子が満載な街なのか?
こんな美女がテンコ盛りの街なのか?
芦田真知子は是非、ミス日本として、今後出場して欲しいものだ。
ミス日本は、有る意味外人受けするような美女ばかりで、
日本男性が思うような、かわいい美人はいないのが残念だ。
かわいいだけじゃなくて、一輪車の世界でも優勝するレベル。
こんな逸材が世の中にまだ埋もれていたとは!

彼女について、検索してみると情報が少ないが、
地元のニュースを見つけた。

「都筑区タウンニュース 2010年1月21日号」
ニュージーランドのウェリントンで開かれた
「第15回国際一輪車競技大会(UNICON XV)」で、
区内加賀原在住の芦田真知子さん(16)が、
フリースタイル演技の個人の部、
ペアの部で見事ダブル優勝を飾った。(略)
芦田さんは以前所属していた一輪車サークルで
指導する側としても活躍していた。昨年独立し、
8月に「都筑一輪車クラブTWO LINK」を立ち上げた。(略)
http://www.townnews.co.jp/0104/2010/01/21/35686.html
(記事投稿時なら閲覧可能)

どうやら、芦田真知子は、「都筑一輪車クラブTWO LINK」を
自ら主催し、後輩の指導に当たっているようだ。
さすが世界レベルだ。

「都筑一輪車クラブTWO LINK」のサイト
(彼女の写真が小さいけどあります)

都筑一輪車クラブ TWOLINK
http://twolink.web.fc2.com/
(記事投稿時なら閲覧可能)

都筑一輪車クラブ TWOLINK
http://tsuzuki.ichirinsha.com/
(記事投稿時なら閲覧可能)

two-linkのブログ
http://ameblo.jp/two-link/
(記事投稿時なら閲覧可能)

youtubeで芦田真知子の一輪車による、
世界一の高速回転を見る事が出来ます。

高速パフォーマー★High speed performers
http://www.youtube.com/watch?v=qG4aSVWwUCI
(記事投稿時なら視聴可能)

芦田真知子は、容姿と才能に恵まれた、
類稀な逸材だが、上記のブログを見ても、
その才に見合った隆盛を極めているとは言いがたいが、
今後の彼女の活躍に大いに期待したい。
彼女は、このまま活動を続けていけば、
これからの一輪車の世界をリードしていく人物に
確実になるだろう。
それほどの素晴らしい才能と魅力にあふれている。

8月8日都筑一輪車クラブ TWOLINKの2つめのサイトのリンクを追加。
芦田真知子の記事を投稿してから、彼女の活躍を
ネットで見ている。彼女はまだ高校生だが、
高校生でここまで尽力出来る人物は決して多くない。
ここまで一輪車の為に、一輪車の普及活動、
後輩の育成を積極的に行う、彼女は美しい。
彼女を知ってから色々とネットで調べて見たが、
こんな世界があるとは初めて知った。
これからも頑張って活躍して頂きたいと思う。
とても魅力的な人物である。
posted by zola at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ジャンヌは13歳の時にゴッホに会った 『ジャンヌ・ルイーズ・カルマン』

JeanneCalment001.JPG
ジャンヌ・ルイーズ・カルマン
(Jeanne Louise Calment、1875年2月21日 - 1997年8月4日)は、
公式記録史上最も長生きをした人物で、122年と164日間生きた、
フランス人の女性である。
ジャンヌ・ルイーズ・カルマンはゴッホに実際に会ったと語っている。
ゴッホがアルルに住んでいる時、彼女は13歳であり、
彼女は父の経営する布地屋で働いていた。
そこにゴッホがキャンバスを買いに来たことがあり、
彼女はゴッホをこの様に語った。
ゴッホは「汚くて、だらしない服装をしていて、無礼で、醜くて、
不快だった。私達は彼を変人と呼んでいました。」と語った。
「私は彼の晩年を知っています。
彼はアルコール臭くて、醜くかった。
父の店でゴッホに会いました。
私の父はゴッホにキャンバスを売りました。
ゴッホはキャンバスを触って、選んでいました。
彼はその時、既に有名でした。
彼はよく売春宿に行っていました。
彼は売春婦への支払いをしぶったが、
アルコールへの出費は惜しまなかった・・・」
(女がよく言う生理的に受け付けないタイプだったようだ)
確かにゴッホの作品は今でこそ、高い評価を受けているが、
人物としては、作品ほどには良い評価を受けているとは言いがたい。
人に好かれる人物では、どう考えて見ても思えない。
好かれているならば、耳を切ったり、自殺などしないだろう。
人柄が良ければ、弟以外でも絵を買ってくれる顧客がついたかもしれない。
画家も営業は大事だ。嫌な奴からは物を買いたいとは誰でも思わない。
それにゴッホの絵は陰気臭くて、変で、まるで作者自身のようだ。
これじゃ益々売れない。逆に売れるほうがどうかしている。
(例え、貰っても、どうしていいか判らない絵だ。
その前に理由をつけて断りたい絵だ)
どこの世界に陰気くさくて、変な絵を、わざわざお金を出して、
買おうというのだろう。
それに加えて、描いている画家は、変人で、気難しくて、気分にムラがあり、
服装も汚く、だらしなくて、短気で、酒臭くて、無礼で、不快で・・・・。
これでは売れる要素は0だ。
今、ゴッホを賞賛している人物も、あの当時、生きていたら、
誰も評価しないはずだ。
それどころか、身近にいたら、賞賛どころか、
ゴッホを不快に思うだろう。
ゴッホは、友達にも知り合いにもなりたくないタイプ、
彼の作品を買うどころか、
関わりを持ちたくないタイプだと、あの当時、生きていたら、
そう思っても不思議ではないはず。
posted by zola at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

見た事がない過去 『李香蘭』

rikouran001.JPG

YOUTUBEで『李香蘭』の映像を見る。
彼女は山口淑子という日本人だが、
中国語が達者で、どうしても中国人に見えてしまう。
それにしてもエキゾチックな美人である。
私にとって、彼女は参議院議員のイメージしかない。


李香蘭 私の半生 (新潮文庫)李香蘭 私の半生 (新潮文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 李香蘭 私の半生 (新潮文庫)
[著者] 山口 淑子藤原 作弥
[種類] 文庫
[発売日] 1990-12
[出版社] 新潮社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

以前から気になる人04 『篠原ともえ』

shinoharatomoe001.JPG

以前から気になって仕方が無い、 『篠原ともえ』を
今回は取り上げたいと思います。
マスコミに露出し始めたのは10年以上も前ですが、
その頃から、SUGEEEE!KWAIIと思っていました。
(髪が長くて、女らしいので、すごい好みです)
顔の造形がとても整っていて、めちゃ綺麗です。
篠原ともえも今年で29歳な訳ですが、
全く変わっていなくて、益々綺麗です。
(いつまでも若くて、29歳には見えません、いい意味で・・・)
(ちなみにブレンディのCMの原田知世も相変わらず綺麗ですね)
篠原ともえはいつでも元気、いつでも綺麗です。
こういうキャラはとっても好きです。好感が持てます。
なんか陳腐な喩えですが、元気を分けて貰えるというか、
見ているこっちまで、彼女の天真爛漫な元気さが伝染し、
ニコニコしてしまいます。
これからも、もっともっと、いつまでも活躍して頂きたいと思います。
美人は何をしても、何を話しても、何を着ても様になってしまいます。
これは美人の魔力ですね。
それに彼女の魅力は何といっても、あの笑顔です。
ここまで人を引き付ける笑顔の人はそうはいません。

SHISEIDO ricllair CUTICLE MAKE Shinohara Tomoe
(記事投稿時なら視聴可能)
https://youtu.be/IkeqJuNQ8no


100% shinohara tomoe!!!100% shinohara tomoe!!!
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 100% shinohara tomoe!!!
[著者] 篠原 ともえ
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 1999-10
[出版社] マガジンハ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

気になる人03 へぇ〜アンタもNANAっていうんだ 『武田奈也』U

takedanana02.JPG

先日行なわれた、NHK杯・女子シングルでは、
『武田奈也』が銅メダルを獲得しました^^
まるで自分の事の様に嬉しいです。
私もこの時は熱心に見てしまいました。
やはり笑顔もまた演技も素晴らしいです。
フィギュアスケートは、正直詳しくはないですが、
これだけは言えます。
「人を惹きつける魔力をこの娘は持っている・・・」

何かこの娘の笑顔は癒されます。
何と言うか・・・こんな笑顔をされたら、
こっちまで吊られてニコニコしてしまいますね。
人を楽しませ、人を癒す、
最高のエンターティナーだなと思います。
スポーツ選手という枠を超えた存在です。
また話し方もギスギスもしてないし、
ホンワカ〜ってしていて、とってもカワイイ^^

美しい女がいる。カワイイ女がいる。
どちらが良いか?
いくら美しくても、そこに冷たさを感じさせる様な
存在の女は駄目だ。
多くの男は、そんなものを求めていない。
女特有の優しさや癒しを求めている。
私はカワイイ女が好きだ。
そこに、そのカワイイ女がいるだけで癒され、
その場は華やかになる。
男のヤモメに何とやら・・・と言う言葉が有る通りに、
男だけの集団には、華やかさは皆無である。
なんか殺伐とし、ギスギスとした雰囲気しかない。
しかし、そこに女が出現するだけで、
その場は地獄から天国にも楽園にもなる。
そこには潤いが生まれる。
女は、そこで花が飾ったりするかもしれない。
どんな状況でも女は花を飾ろうとする。
どんな時代でも、どんな状況でもあっても。
花を飾るという行動は女特有のものだ。
街の花屋で、花を見ている人は、全て女である。
男は花には決して目がいくことはない。
間違っても、「今日は花屋でも行ってみるかな・・・」とかは
思ったりは決してしない。
視界に花が入っても、決して認識する事はない。
存在しても、無いものとして、脳内処理される。
(*これとは逆に男特有の興味関心は銃器や武器に向けられる。
殆どの女は銃器や武器への関心は無い)

武田奈也を見ていると本当に癒されます。
武田奈也を見た、多くの男はそう思うでしょう。
しかし、裕木奈江の事例に有る様に、
女にとっては決して受けが良い訳では無い様に思えてならない。
男受けが良い女ほど、女が嫉妬するものは無いからである。
しかし、それは対極に、多くの男は、カワイイ女を
支持するでしょうし、また、賞賛や賛美を惜しまない。
男が女に求めるものは(間違ってもキャリアや経済力や地位や権力では無く)
女の優しさや可愛らしさや癒しなのだから・・・。
posted by zola at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

気になる人03 へぇ〜アンタもNANAっていうんだ 『武田奈也』

takedanana01.JPG

2007年11月30日にNHKで放映された、
NHK杯フィギュア 「女子ショートプログラム」を
たまたま何気なく見ていたら、
激カワイイ^^フィギュアスケート選手を発見しました。
その名は『武田奈也』
笑顔がとても素敵で印象に大変残りました。
昔から女子フィギュアスケート選手には
美人やカワイイ娘が多いのは通例ですが、
この 『武田奈也』という娘は、一段とカワイイ。
ここまで天真爛漫として、
天使を思わせる様な娘はなかなか居ません。
今後の活躍を見守りたいと思います。
これからの大きな躍進を期待出来る選手だと思います。
*この様な事を私はブログに書く事は非常に稀ですが、
とても印象に残ったので、書く事にしました。
posted by zola at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

定吉二人キリ 気になる人02 『阿部定』

shouwa11nennoonna02.jpg

気になる人の第二回目は昭和11年に
帝都を震撼させた、『阿部定』を取り上げる。
何故、阿部定なのか。
それは私から見て、阿部定は言わば理想的な女だからだ。
容姿がそうなのではなく、その性格、気性が理想的である。
阿部定に関する書籍は数々出ており、それを読むだけしか
阿部定がどんな女であったのかを把握する手段を持たないが、
それらの書籍を読むと阿波定は正に女であり、また女そのものであったと思う。
女というのは、こうではなくてならないとさえ私は思うのである。
好きな女に殺されるのなら、本望であるとさえ、私は思う。
阿部定は1905年生まれだという。それが本当だとするならば、
100歳になっているので、もはや存命では無いだろう。
しかし阿部定はこの世の愛欲がある限り、永遠に語り継がれるであろう。

写真は逮捕され、連行される阿部定。
posted by zola at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

気になる人01 『南方熊楠』(1867〜1941)

minakatakumagusu.jpg

幼い時から驚くべき記憶力の持ち主で
歩くエンサイクロペディア(百科事典)と称された、
反骨の世界的博物学者。
19才の時に渡米、粘菌の魅力にとりつかれ、
その研究に没頭、サーカス団に入って
キューバに渡るなど苦学しながら渡英。
その抜群の語学カと博識で大英博物館の
東洋関係文物の整理を依頼される。
一方、科学雑誌「ネイチャー」に数多くの論文を発表。
また、孫文と知り合い意気投合、以後親交を結ぶ。
33才で帰国、紀州は田辺に居を構えると精力的に
粘菌の研究に打ち込み、その採集のため熊野の山に
分け入り、数々の新種を発見。
一切のアカデミズムに背をむけての独創的な学問と
天衣無縫で豪放轟落な言動は
奇人呼ばわりされたが実はやさしい含羞の人であり、
自然保護運動に命をかけて闘いぬいた巨人であった。
(南方熊楠より抜粋)

私にも数々の好きな人物がいる。
人により、その人物は多種多様だろう。
何かしら自己に影響を与える事もまた珍しい事ではない。
私の好きな人物というか、気になる人の一人に、
博物学、粘菌学の権威である、南方熊楠がいる。
彼の博識、また脅威的な語学力には驚嘆に値する。
熊楠が物故してから60年余が経過した今、
彼の様な前時代的な知識人、伝説的な研究者は皆無となった。
今は、どんな研究者でも所詮俸給生活者でしか無く、
そこからは伝説は生まれない。
彼の様な、破天荒とも言うべき人物は生まれにくい時代である。

南方熊楠アルバム南方熊楠アルバム
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 南方熊楠アルバム
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2004-11
[出版社] 八坂書房

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by zola at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする